保健・健康

 

 

2019年4月から2022年3月末までの3年間に限り、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に「風しんの追加的対策」を実施します。
10/1より子どものインフルエンザ予防接種の助成が始まります!

令和2年4月1日より開始

乳児健診、1歳6か月児健診、3歳児健診、2歳児歯科健診、2歳6か月児歯科健診など

生涯現役 いのちの躍動を感じるまちづくり
小学校6年生と高校1年生の女の子・保護者の方へ

※このお知らせは子宮頸がんワクチンの積極的な接種勧奨を促すものではありません。子宮頸がん予防に関する情報提供の一つとしてご覧ください。

〇HPV(ヒトパピローマウイルス)
 主に性交渉により感染するウイルスです。このウイルスは女性の場合感染してもほとんどの人は自然に消えますが、一部の人で「がん」に発展してしまうことがあります。HPVワクチンの接種により、子宮頸がんの予防が期待できます。

〇HPVワクチンの接種について
 対象:小学校6年生から高校1年生の女の子
 接種方法:希望される方は尾花沢市健康増進課で問診票と接種券を発行いたしますので窓口にお越しください。

詳しい内容につきましては、健康増進課にお問い合わせいただくか、厚生労働省のHPをご参照ください。

【問合せ】尾花沢市健康増進課 健康指導係 
     電話:0237-22-111


母子健康手帳交付、赤ちゃんルーム、7~8ヶ月児健康相談、健康相談コーナー、乳幼児健診、妊婦教室など

高校1年生(年齢相当)から64歳までの方のインフルエンザ予防接種費用を一部助成します。


尾花沢市では、「特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)」を受けている夫婦に対し、経済的負担の軽減を図ることを目的に、山形県の助成金に上乗せして、治療費用の一部を助成する事業を実施しています。また特定不妊治療の過程の一環として行われる「男性不妊治療」を行った場合、さらに追加して助成金の交付が受けられます。山形県の決定通知書が届いてから尾花沢市へ申請してください。

令和2年4月1日より助成額を拡充しました。

母子健康手帳交付、赤ちゃんルーム、7~8ヶ月児健康相談、健康相談コーナー、乳幼児健診、妊婦教室など

尾花沢市では風しん予防接種の抗体価検査と予防接種にかかわる助成をしています!
がん患者の就労や社会参加を応援するために医療用ウイッグ・乳房補整具の購入費用を助成します。
上柳健康増進施設でニュースポーツ楽しみませんか?
ドナー休暇の制度の骨髄提供者(ドナー)に対して助成します。
尾花沢特有の伝統料理をまとめた、平成元年発行の冊子
健康づくりでポイントを貯めて商品券をもらおう。