ニュース特急便 2017年12月 (1)

ニュース特急便 2017年12月 (1)

北村山高校生
課題研究成果を発表

 12月13日、北村山高校3年生10人が、市役所で尾花沢の活性化を目指す研究の成果を発表しました。生徒たちは、情報系列の課題研究の授業で、地域活性化のために出来ることを考えました。その成果は、徳良湖を活用したイベント案「徳良湖ふれあいオリンピック」や、銀山線バスの中に置くことを想定した銀山温泉のパンフレット試作品、銀山温泉を紹介するホームページの試作、市内イベント・グルメのパンフレット試作品と様々。生徒たちは市長、副市長、教育長を目の前に、自分たちの考えを話し、加藤市長は「すばらしいアイデアで、是非実現したい」と述べました。その後、生徒達は成果がよりよいものになるように、市職員からのアドバイスを真剣な表情で聞いていました。
 銀山温泉のパンフレットを試作した高橋涼颯(すずしげ)君は、「夜の銀山温泉の写真がきれいだったので、銀山温泉のことをやってみたいと思った。アドバイスを受け、パンフレットに載せているバス時刻表をもっと見やすくしたい。」と話しました。


 

ニュース特急便 2017年12月 (1)

冬場も楽しく運動
運動教室開講

 健康増進課では、冬場の運動不足解消のため日常生活に運動を取り入れ、楽しく・元気に生活する事を目標に昼の部と夜の部の2コース運動教室を開催しています。
リフレッシュ若返り教室(昼の部)は市体育館を会場に、12月~2月まで10回開催されます。内容はノルデイックウォーキング・バランスボール・健康吹き矢と多彩な内容になっています。12月8日に市体育館で開講式が行われ、参加者は仲間と一緒に行う冬の間の運動を楽しみにしていました。
活き活き健体塾(夜の部)は、サルナートを会場に、10月~12月まで8回、開催されます。12月7には、健康運動指導士より自宅で出来る運動指導処方箋「リラックスBOOK」を頂き日常生活での実践に取り組みました。
(写真上リフレッシュ若返り教室/写真下活き活き健体塾)
(健康増進課)



ニュース特急便 2017年12月 (1)

繰り返し見て 危険を回避してね
中学校に薬物見本 寄贈

 12月4日、中学生に体に有害な薬物の種類や形などを見て覚えて自分達で危険を回避する力を身に付けてもらおうと手づくりの薬物見本の贈呈式が尾花沢中学校で行われました。
見本は、薬物乱用防止指導員メンバー7人で作成されました。見本は本物そっくりに作られており、制作者の一人である鈴木勲氏(防犯協会)は「繰り返し見て覚えてほしい。身近に感じて自分で危険を回避できる力を育ててほしい」と佐藤幸正校長に手渡しました。
薬物見本は、市内全ての中学校に寄贈され薬物乱用防止教育に活用されます。



 

ニュース特急便 2017年12月 (1)

市民の安全・安心を守る強い想い
消防団小型動力ポンプ付軽積載車交付式

 12月4日、消防本部にて消防団ポンプ交付式が行われ、消防団員など54人が参加しました。今回は、第1分団第9部1班(田沢)、第2分団第4部2班(芦沢駅前)、第4分団第2部2班(北郷)に、それぞれ小型動力ポンプ付軽積載車1台を交付。加藤市長から消防団部長にレプリカキーが手渡されました。
ポンプの使用上の注意点など取扱方法の説明を真剣に聞き入る消防団員らは、市民の安全・安心を守る消防防災の使命感に溢れていました。
 このたび配備された小型動力ポンプ付軽積載車は、平成28年度の消防団再編成に沿って計画的に順次更新しています。



 

閲覧回数864回