ニュース特急便 2018年1月 (2)

ニュース特急便 2018年1月 (2)

宮沢地区新春を語る会
となりのケモノ 野生動物の生態を知ろう

 1月14日、花笠の湯で宮沢地区新春を語る会が行われ、区長など約60人が参加しました。会では、第21回全日本自動車整備技能競技大会で3位に入賞した星川貴彦さんと大貫竜さんの紹介や、地域おこし協力隊加藤隊員のチェロ演奏が行われました。
 また、近年増えている有害鳥獣被害対策として、野性動物の生態を学ぶ、やまがたヤマネ研究会による講演「となりのケモノ ~被害を起こす野生動物の生態学習会~」が行われました。講演では、野性動物との付き合い方などが話され、会の代表の中村さんは「獣害対策は相手を正しく知り、現状を正しく把握できることからスタートし、地域の状況を自分達で診断できるようにすることが重要です」と話されました。



 

ニュース特急便 2018年1月 (2)

冬麗(ふゆうらら)
澄みわたる青

 1月14日、尾花沢市内は快晴に見舞われました。冬は空気が澄んでおり、降り積もった雪原のキャンパスに空の青さが映える一日になりました。
また、平成28年12月から通年通行が可能となった国道347号を走ると、今年は雪が降り積もった真っ白な鍋越沼を見ることができます。
(撮影 母袋地区)



 

ニュース特急便 2018年1月 (2)

小正月の伝統行事
だんごさしで華やかに

 1月12日、おもだか保育園の年長組16人の皆さんが、市役所市民ホールで「だんごさし」を行いました。家内安全や五穀豊穣を願って行われた昔の小正月の行事で、かつては各家で行われていたものです。
 園児たちは、「いっしょうけんめいつくったので、かざってください」と渡辺修副市長に元気よく挨拶。ミズキの枝に飾りつけた色とりどりの団子や縁起物で、辺りは華やかな雰囲気に包まれました。また、園児の願いごとを書いた短冊も飾りつけられ、来庁された方は微笑ましく眺めていました。だんごさしは1月末まで展示されます。


 

ニュース特急便 2018年1月 (2)

長寿賀詞贈呈
おめでとうございます

 1月11日、長寿賀詞贈呈のため、加藤市長が長寿を迎えられた方々のご自宅等を訪問しました。
 今年、数え年100歳となるのは大正8年生まれの方で、本市には7人いらっしゃいます。写真の菅野春榮さん(六沢2)の長寿の秘訣は、食べ物の好き嫌いがなく、お酒も適度にたしなむとのこと。訪れた加藤市長に自ら座布団を出してくれるほどお元気です。
 みなさん、おめでとうございます。


 

ニュース特急便 2018年1月 (2)

第21回 全日本自動車整備技能競技大会
全国第3位に

 平成29年11月25日に東京ビッグサイトで行われた全日本自動車整備技能競技大会に、本県代表として出場し、全国第3位に輝いた星川貴彦さん(写真中央 星川自動車)と大貫竜さん(写真左 サービスエリア357GOHEY)が、入賞報告のため1月9日に来庁しました。
 車の故障箇所を見つけて直す競技にむけ、3カ月間チームワークを磨いてきたというお二人。全国から選抜された53チーム106人中で第3位という結果に、星川さんは「身が引き締まる」、大貫さんは「全国3位の名に恥じないような仕事をしたい」と感想を述べました。


 

閲覧回数1,610回