緑地公園 えほんの杜

 学習情報センターの南隣に、絵本の世界が飛び出したような公園があります。尾花沢市出身の絵本作家、戸田幸四郎さんがデザインしたオブジェが緑の芝生の上に並び、子ども達が自由に登ったりできます。尾花沢の豊かな自然や、自然と人間が共生することの大切さを謳い上げています。緑の中で市民がのびのびとくつろげる場所です。 

 ※冬季間中は降雪のため、公園のご利用はいただけませんのでご了承ください。

緑地公園 えほんの杜
緑地公園 えほんの杜

絵本から飛び出した大きな虫たち
●オブジェ
 公園内のオブジェは、遊具になっています。
 ・テントウムシ(大きさ1m) ・ヘビ(大きさ1.8m) 
 ・古代人形(高さ1.6m)  ・青虫(写真、大きさ5m)



緑地公園 えほんの杜

「えほんの杜」モニュメント
●作品デザイン/戸田幸四郎
 戸田氏は、1931年尾花沢生まれ。フリーデザイナーから絵本の創作活動に入り、絵本作家として活躍中。1997年には、静岡県熱海市に「戸田幸四郎絵本美術館」を開館。
 絵本の紹介
 ・名作絵本集(宮沢賢治「竜のはなし」/花岡大学「百羽のツル」/花岡大学「世界一の石の塔」/小川未明「牛女」/太宰治「走れメロス」)
 ・知育えほん(あいうえおえほん/カタカナえほん/ABCえほん/よみかた絵本/和英えほん/昆虫とあそぼう/にっぽん地図絵本/せかい地図絵本)
 ・あかちゃんえほん(赤ちゃんにおくる絵本/赤ちゃん絵本セット)
 ・しぜん環境絵本(「おいたてられた2匹のカエル」「雪ぐにの巨大な青むし」)