ニュース特急便 2018年5月 (5)

ニュース特急便 2018年5月 (5)

細野の魅力を楽しもう
高い山運開き&山菜まつり

 5月27日、細野地区で高い山運開き&山菜まつりが行われました。宮城県や千葉県など県内外から参加した 約80人は、山菜採りコース、大平山登山コースに分かれて出発しました。
山菜採りコースは、ミズやワラビ、アイコなどが採れる毎年人気のコースです。今年は天候の良い日が続いたため、いつもより成長していましたが、それでも参加者は旬の山菜に大満足。また、登山コースでは、180度見渡せる大パノラマに大きな達成感を感じていました。
 農家レストラン「蔵」に戻ったあとは、参加者全員での懇親会が開催されました。新鮮な山菜やいわな料理、打ちたてそばなど、細野の皆さんのおもてなしに心もお腹も満腹となりました。
(常盤地区公民館)



ニュース特急便 2018年5月 (5)

市学校教育検討委員会
これからの学校のあり方を考える

 5月31日、悠美館で尾花沢市学校教育検討委員会が開催されました。委員会は、今後の学校のあり方などについて話し合うため、地区の代表者や園児・小中学生の保護者代表、有識者ら25人で構成。話し合いに先立ち、加藤市長は「市の宝である子どもたちのため、皆さんと一緒になって考えていきたい。」とあいさつしました。
 1回目となる今回は、これまでの学校統合の経過報告や、本市の教育の現状と課題が確認され、各委員よりそれらに対する意見が出されました。委員会は今年度に全4回開催予定で、取りまとめられた意見は、教育行政の指針などを決める総合教育会議に提言されます。


 

ニュース特急便 2018年5月 (5)

宝栄牧場 放牧開始
牧草に向かってモー突進

 5月31日、市営宝栄牧場の入牧式が行われ、農家や農協等の関係者等、約40人が集まりました。この日入牧したのは黒毛和種やホルスタインなど74頭。牧場では本市のほか、大石田町、最上地区からも牛を預かっています。消毒や体重測定を終えた牛は、勢い良く牧場に駆け出していきました。
 牧場は高地にあり、放牧期間の平均気温が15度前後と、牛にとって過ごしやすい環境です。放牧は10月中旬まで行われます。


ニュース特急便 2018年5月 (5)

尾花沢中央ロータリークラブ
徳良湖畔へ桜植樹

 5月30日、徳良湖畔で尾花沢中央ロータリークラブ(会長:大類元氏)主催による桜の植樹が行われました。
 この植樹は、地球環境保護とポリオ撲滅運動の推進を願い行われたもので、世界中のロータリークラブが同様の取り組みを行っています。
 桜はサンビレッジ徳良湖オートキャンプ場付近の遊歩道の側に植えられています。徳良湖へお越しの際は、ぜひご覧ください。


 

ニュース特急便 2018年5月 (5)

大きく育ってね
福原田んぼアート田植え作業

 5月28日、福原小学校5年生25人による「田んぼアート」の田植えが行われました。この「田んぼアート」は、福原ふるさと塾(会長菅野誠治さん)が地域づくりのため始めたプロジェクトで、数種類の色の稲を使い、田んぼに絵を描きます。絵柄は脚本家・あべ美佳さんが書き下ろした「スイカ太郎物語」に基づき、地域おこし協力隊の古瀬さんが描きました。
事前に福原ふるさと塾のメンバーが計測や目印付けなどを行い、子どもたちは目印に合わせて苗を植えました。参加した小学生は田植え初体験の児童がほとんどで、自分の手で苗を植えていく作業は新鮮だったようです。素足がぬかるむ感覚にはしゃぎながら、絵の枠に指定された色の苗を植えていました。
 菅野会長は、「昨年から子どもたちは田植えだけでなく、種まきも行っている。米作りの大変さや米がどのように育っていくかを学んで欲しい」と語りました。
 これから苗の生育とともにスイカ太郎の恋の展開が楽しみですね。旧名木沢小学校裏に一望できる展望台があるので、皆さんご覧になってください。見頃は7月上旬で、9月下旬頃まで見ることができます。



閲覧回数1,453回