ニュース特急便 2018年6月 (4)

ニュース特急便 2018年6月 (4)

田んぼの美術館オープン
スイカ太郎に家族が増えました

 6月30日、名木沢コミュニティーセンター前で田んぼアートのお披露目会が行われ、福原ふるさと塾のメンバーや地区の皆さんなど約60人が集まりました。
田んぼの美術館は、福原ふるさと塾が5年前から行っており、絵は脚本家で市のふるさと大使のあべ美佳さんが書き下ろした「スイカ太郎」に基づき、地域おこし協力隊の古瀬志織さんが描きました。今年は、スイカ太郎とつや姫が結婚し、子ども(雪若丸)が誕生した場面が描かれています。
 展望台のテープカットが行われた後は、荻越拓魂(たっこん)太鼓や名木沢田植え踊り、尾花沢子供舞踊さ~くるによる太鼓や踊りなどが披露され、賑やかにオープンを祝いました。
 スイカ太郎の田んぼアートは名木沢コミュニティーセンターの裏手にあり、9月まで自由に見ることができます。ぜひご覧になってください。



 

ニュース特急便 2018年6月 (4)

商店街にぎわいまつり
暑さなんかへっちゃら

 6月30日、中央駐車場で商店街にぎわいまつりが開催されました。商店街協同組合が毎年開催しているもので、豪華賞品があたる「得得抽選会」や、商店街の4店舗を巡る「お買い物ラリー抽選会」が行われました。また、ボールプールでの宝探しや尾花沢小学校自転車クラブの競技披露、尾花沢中学校生徒会によるアルミ缶・ペットボトルキャップ回収活動なども行われ、会場は家族づれなど多くの来場客であふれました。
 強い日差しの中でも、汗をかきながら思いっきり遊ぶ子どもたちの声が響き、にぎわいあふれるまつりとなりました。


 

ニュース特急便 2018年6月 (4)

御所山山開き安全祈願祭
みんなが安全に登れますように

 6月28日、御所山の山開き安全祈願祭が、尾花沢山の会など関係者12名の出席のもと御所山荘前で開催されました。神事では代表者が玉串を捧げ、登山や山菜取り等で入山する方の安全を祈願しました。
自然の恵みも豊富で山菜採りや渓流釣りの方にも愛される御所山。やまがた百名山に選ばれたことにより注目が集まっています。いよいよ夏山登山のシーズンが始まります。関係者一同、今シーズンも御所山での無事故を祈念し、楽しい登山ができるよう決意を新たにしました。



 

ニュース特急便 2018年6月 (4)

サクラマス稚魚放流
大きくなって帰ってきてね

 6月27日、鶴巻田地内の丹生川で、サクラマスの稚魚8千匹の放流が行われました。この放流は、子どもたちに県の魚であるサクラマスへの理解を深めてもらおうと、玉野地区公民館、宮沢地区公民館、丹生川漁業協同組合の共催で行われ、玉野小学校、宮沢小学校、鶴子小学校の子どもたち約60人が参加しました。
 子どもたちは丹生川漁業協同組合員の指導をうけたあと、サクラマスの稚魚が入ったバケツを持ち、足元を確かめながら川の側まで行って稚魚を観察。その後、「大きくなってね」と声をかけながらやさしく放流しました。子どもたちは「サクラマスに模様があってびっくりした」、「ヌメヌメしてかわいかった」などの感想を述べ、海に向かった稚魚が3年後に大きくなって帰ってくるのを楽しみにしていました。


 

ニュース特急便 2018年6月 (4)

ありがとうございます
車椅子10台を寄贈

 6月22日、本市出身の永澤哲夫氏(三重県鈴鹿市)が市役所を訪れ、車椅子10台を市に寄贈されました。
 永澤氏は昭和31年に尾花沢中学校を卒業後、東京で就職。その後鈴鹿市で清掃用品レンタルの会社を起業され、現在に至っています。永澤氏は「大好きなふるさとに役立つことがしたいと思っていた」と語り、車椅子を加藤市長に手渡しました。
 いただいた車椅子は、市内の福祉施設で活用させていただきます。ありがとうございました。


閲覧回数1,092回