ニュース特急便 2018年9月 (1)

ニュース特急便 2018年9月 (1)

雪降り和牛尾花沢地産地消給食
「モーっと食べたーい」

 地元の子供たちに、雪降り和牛尾花沢の美味しさを知ってもらい、本市が誇るブランド牛に親しみをもってもらおうと、9月13日に市内小中学校で地産地消給食を実施しました。
 4年前から行われており、今回は尾花沢産牛振興協議会から54.5キロ約1,350人分の牛肉を提供していただきました。
 福原小学校では、3年生~5年生がランチルームに集まり、生産者である東海林和博さんと一緒に給食を楽しみました。東海林さんは、「尾花沢には、おいしいものがたくさんあることを知ってほしい。おいしい肉は、柔らかいだけでなく甘さもある」と話しました。
 雪降り和牛尾花沢を使ったすき焼き風煮に児童達は「やわらかい」「おいしい。もっと食べたい」と笑顔で食べていました。また、先生が「すき焼き風煮をおかわりする人?」と尋ねると、「はい!もっと食べたい。」と元気な声が教室に響きました。
(写真/福原小学校の児童達)



 

ニュース特急便 2018年9月 (1)

上の畑焼陶芸教室
先人への思いを粘土に込めて

 9月11日、上の畑焼陶芸センターで上の畑焼陶芸教室が行われました。この陶芸教室は、玉野地区公民館と東根市の長瀞公民館の合同で開催され、玉野地区から10人、長瀞地区から18人が参加し交流を深めました。
 教室に先立ち、江戸時代に上の畑焼の窯があった場所を見学し、上の畑焼を広めた方の墓前に線香を手向けたあと作陶を行いました。
 次回は、10月9日に長瀞公民館で絵付けを行います。どんな作品が完成するか楽しみですね。
(玉野地区公民館)


 

ニュース特急便 2018年9月 (1)

尾花沢市連合区長会
被災地へ義援金

 9月6日、尾花沢市連合区長会の笹原光政会長ほか地区の代表区長が市役所を訪れ、菅根市長に西日本豪雨災害で被災された方々への義援金を手渡しました。代表区長は「未曾有の災害で避難生活を余儀なくされている方など、不便をきたしている方々のために役立てていただきたい」との想いを市長に伝えました。
 市民の皆様からいただいた善意は、日本赤十字社を通して被災地へ送られます。


 

ニュース特急便 2018年9月 (1)

~いま伝えたい 私のメッセージ~
山形県少年の主張 地区大会

 9月6日、第57回山形県少年の主張大会 尾花沢大石田地区大会が福原中学校で開催され、尾花沢市と大石田町の中学校から計7人が出場しました。学校生活や家庭での出来事など、身近な場所での体験や想いを5分間で伝えるものです。
 レベルの高い内容に、審査委員長の生島信行尾花沢大石田地区学校警察連絡協議会会長代理は「中学生らしい感覚で真剣に物事を見つめ、自分の考え方や行動を見直したりし、将来を前向きに見つめ生き方を切り開いていこうという強い意志が伝った」と講評を述べられました。審査の結果、玉野中学校の伊藤竜樹(りゅうき)さんが最優秀賞に輝き、12日に楯岡中学校で開催される最北ブロック大会へ出場します。

【審査結果】
最優秀賞/伊藤竜樹さん(玉野中学校)
優秀賞/安達涼乃さん(大石田中学校)
優良賞/清水佳緒さん(尾花沢中学校)
努力賞/江刺美知奈さん(尾花沢中学校)
    髙橋里々さん(福原中学校)
    齊藤亜美さん(尾花沢中学校)
    笹原美桜さん(大石田中学校)



 

ニュース特急便 2018年9月 (1)

尾花沢市長杯 グラウンド・ゴルフ大会
ライバルたちには負けないぞ!

 9月2日、花笠グラウンドゴルフ場でグラウンドゴルフ大会が行われ、116人が白熱した試合を繰りひろげました。
尾花沢市グラウンドゴルフ協会が主催したもので、選手たちは青空の下、スコアを競い合いました。ライバル同士でも良いプレーをすると、「ナイスショット」と互いに声を掛け合います。
 休憩時間には、「この年齢になっても遊ぶなんて昔は考えられなかった。みんな元気だ。」と笑いながら話す方もおり、皆さん楽しそうにプレーしました。

【大会結果】
1位佐藤治さん
2位高橋進一さん
3位佐藤正光さん
4位笹原 衛さん
5位佐藤豊美さん
6位菅原一美さん



 

閲覧回数1,804回