尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

①歓迎ミーティング

 尾花沢市に到着した参加者が初めに訪れたのは、市内東部の矢越地区にある産業創出型シェアハウス。この施設は起業を目指す方が無料で入居できる共同住宅で、平成28年度に市が古民家をリノベーションして整備しました。現在は地域おこし協力隊員が入居し活動拠点としています。
 このシェアハウスで最初に行われたのは、自己紹介を兼ねた歓迎ミーティングです。簡単なゲームで自己紹介をしながら、ツアーに参加した目的や移住後の生活のイメージなどを共有しました。意外な特技や共通点で和気あいあいとした雰囲気でツアーは始まりました。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

②市内探訪(山刀伐峠(なたぎりとうげ)~芭蕉、清風歴史資料館)

 シェアハウスで打ち解けたあと、「奥の細道紀行」で尾花沢に10泊した松尾芭蕉ゆかりの観光スポットを巡りました。山刀伐峠では松尾芭蕉が実際に歩いた峠道を皆で歩き、ゆっくりとした時間を過ごしました。芭蕉、清風歴史資料館では、芭蕉真筆の書簡や芭蕉と親交の深かった鈴木清風らと逗留中に巻いた歌仙などを見学し元禄文化に触れました。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

③歓迎懇親会(先輩移住者との交流)

 1日目の最後は、銀山温泉付近のお食事処で先輩移住者を交えての懇親会を行いました。特産の尾花沢牛のビーフシチューや漬物などの郷土料理、トウモロコシやキュウリトマトなどの採れたての新鮮な夏野菜、山形県民のソウルフード芋煮(いもに)などを味わいました。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

 この日の先輩移住者は、すいか農家やガラス工芸家、音楽家、会社員ファミリーなど色んな方をお招きし、移住するまでの経緯や移住後の生活について話をお聞きしました。参加者は、理想の移住像と現実を比較しながら、リアルな話に耳を傾けていました。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

 懇親会終了後は、銀山温泉をぶらりと散策(銀ブラ?)。ガス灯がともり大正ロマンの風情溢れる街並みに心癒されました。
 銀山温泉散策後は、市内の旅館にてお休みいただき1日目は終了となりました。
 明日は、すいか収穫を中心に盛りだくさんの1日となります。2日目のレポートもぜひご覧ください。