ニュース特急便 2018年11月 (6)

ニュース特急便 2018年11月 (6)

防火への思い より強く
消防団へポンプ車を交付

 11月28日、消防本部にて消防ポンプ車の交付式が行われ、消防団員など約50人が参加しました。今回は、第2分団第8部(寺内)と第5分団第2部(古殿)に小型動力ポンプ付き軽積載車をそれぞれ1台交付し、第4分団第1部(鶴巻田)に救助資機材搭載型消防ポンプ自動車1台を交付しました。
 菅根市長は「空気が乾燥し火災が発生しやすい時期になりました。消防団の皆さんは地域の大きな力です。万が一の際にはよろしくお願いします」とあいさつしました。また、第2分団第8部の高橋代表部長が「万が一の際は市民の生命と財産を守る」と宣誓しました。
 各消防団に配備されている消防ポンプは、平成28年度の消防団再編成に沿って、古くなったものから順次更新しています。消防団員は、より一層強い思いで市民の安全・安心を守ります。



 

ニュース特急便 2018年11月 (6)

全国消防操法大会報告会
応援ありがとうございました

 10月19日に富山県で行われた第26回全国消防操法大会ポンプ車の部に、山形県代表として出場した選手の皆さんの報告会が11月27日、みちのく村山農業協同組合尾花沢営農センターで行われました。
 大会結果は15位で、出場選手8人は2年間にわたる訓練の成果を発揮し、息のあった操法を披露しました。
 報告会には消防関係者ら73人が出席。出場選手を代表し、沼沢聡さん(古殿地区消防団)が「大会では皆様のおかげで、一人ひとり最後まで演技することができました。これからは、尾花沢市の為、地元の方の為、尾花沢市消防団をより一層盛り上げてまいります。」とお礼のことばを述べました。
 市民の皆様のあたたかいご支援、ありがとうございました。

【全国大会出場選手】敬称略
加藤和久(北町地区消防団)、及川翔太(同)、三浦大輝(同)、石山公平(下原田地区消防団)、伊藤誠(古殿地区消防団)、沼沢聡(同)、五十嵐慶(同)、沼沢直樹(同)



 

閲覧回数461回