ニュース特急便 2019年1月 (2)

ニュース特急便 2019年1月 (2)

北村山高校家庭クラブそばガールズ活動報告会
そばパワーで地域を元気に!

 1月17日、北村山高校で家庭クラブそばガールズ活動報告会が行われました。そばガールズは、「そばパワーで地域を元気に!」を合言葉に、地域の特産品であるそばの魅力を広める活動をしており、その研究成果は山形県高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会で最優秀賞を受賞しました。この度、地域の方々にも研究成果を知っていただこうと報告会を開催し、これまで活動に協力いただいた方など22人が参加しました。
 報告会では、そばを使った料理の考案やそば染めの研究など、これまでの活動を紹介したほか、参加者がそば染めを体験。絞りの模様を入れ茶色に染め上がったオリジナルのハンカチを手にした皆さんは満足した表情をしていました。また、そばのアイディア料理の試食も行われ、参加者はそばチヂミやむきそばの中華スープ、そば茶ミルクプリンなど、そばの風味を充分に活かした料理に舌鼓を打っていました。
 そばの魅力を広め、地域を元気にするためのそばガールズの活動は、これからも続きます。



 

ニュース特急便 2019年1月 (2)

人権擁護委員
退任感謝状及び委嘱状伝達式

 1月16日、市役所で人権擁護委員の退任感謝状伝達式が行われました。
 伝達式は菅根市長立会いのもと行われ、山形地方法務局の小山浩幸局長より岩崎蓉子氏(上町5)に感謝状が伝達されました。岩崎氏は平成18年から約12年の間、人権擁護委員としてご活躍され、人権に関する様々な相談業務や人権啓発活動に取り組んでこられました。
 また、同日、門脇誠一氏(新町東)へ委嘱状の伝達も行われました。門脇氏は、平成31年1月1日付けで人権擁護委員に就任され、人権に関する様々な業務に取り組んでいただきます。
 人権擁護委員は、人権擁護委員法に基づき、人権相談や啓蒙活動を行っている民間ボランティアです。現在、全国で約14,000人が法務大臣から委嘱され、積極的な人権擁護活動を行っています。
(写真:左より菅根市長、岩崎氏、門脇氏、小山局長)



 

ニュース特急便 2019年1月 (2)

ひまわり保育園木工体験事業
上手にできました

 1月15日、ひまわり保育園で木工体験が行われ、年長組と年中組の園児約30人が参加しました。この事業は、木工体験を通して子どもたちに木材や森林環境保全について興味を持ってもらおうと、県のやまがた緑環境税を活用して行われたもので、今回初めて開催されました。
 子どもたちは紙芝居で森林学習をしたあと木工を体験。山形県キャンプ協会の皆さんの手ほどきを受けながら、10㎝×15㎝程の木の板にドングリや松ぼっくり、木の枝などをボンドで接着し、思い思いに飾り付けていきました。子どもたちは真剣なまなざしで作業を行い、完成した作品を満足した表情で眺めていました。
 山形県は県土の約7割、本市でも約7割が森林に覆われています。美しい豊かな森や自然を後世に引き継ぐため、森を守り続けることが必要とされています。



ニュース特急便 2019年1月 (2)

体感温度は氷点下
三日町裸参拝

 1月13日、夜の寒風が痛いくらいに吹きつける中、今年も三日町の裸参りが同地区で行われました。下帯姿の若衆が冷水で身を清め、愛宕神社へと掛け登り、1年の福を祈願するもので、戦後途絶えたとされる昔の習わしを地元の方が中心となり復活させ、今回で25回目となります。今年も市内だけでなく、県外からの参加者もおり、10名の参加者が参拝しました。
 参拝者が水をかぶると、詰め掛けた観客は歓声をあげたり声援を送りました。松明をかざし、山の上にある愛宕神社までの250段の石段を力強く登っていく参拝者。それぞれが家族の健康や、家内安全などを願いました。
 周辺には、地域おこし協力隊員や地区の方が製作したペットボトルランタンが設置され、周辺を柔らかな灯りで照らしていました。また、会場では温かいなめこ汁やお汁粉、つき立ての餅が振る舞われ、冷えた体を温める地区の方のおもてなしがなされました。



 

ニュース特急便 2019年1月 (2)

北郷地区 地蔵転がし
お地蔵様きたぞー

 1月13日、北郷地区で木製の地蔵様の首に縄をくくりつけ雪の上を引き歩く「地蔵転がし」が行われ、地区の小学生5人と園児2人が参加しました。
子どもたちはお地蔵様を池や川につけては雪まみれにし、玄関先で「地蔵様来たぞー」と叫んで、地区内約60軒を回りました。訪れた家の玄関で雪まみれの地蔵様を勢いよく置き、付いていた雪が多く落ちるほど福が来るとされています。手荒に見えますが、地蔵様と子どもたちの仲の良さを表し、地蔵様と子どもたちが遊ぶ祭りと言われています。今年は路上には雪が少なく、地蔵様を引いて歩くことができず持ち歩く場面もありました。
 地蔵様を迎えた地区の人達は、地蔵様をなでたり、拝んだりして無病息災や五穀豊穣を願っていました。



 

閲覧回数1,937回