【協力隊奮闘記】平成30年度 その9

【協力隊奮闘記】平成30年度 その9

■2019/3/12(火)【福原公民館でクッキー教室しました!】

 最近、鼻がムズムズするので、もしかして花粉・・・!?と春の訪れを感じています。
 さて、3/10(日)に福原公民館で「チョコチャンククッキー教室」が開催され、講師として参加しました。
 今回使った尾花沢産食材は、米粉とクルミ。米粉でさっくり感を出しつつ、クルミの香ばしさが感じられるクッキーです。ボールにどんどん材料を入れていくのですが、その中でも気を付けるポイントなどをお伝えして、みなさん手際よく仕上げてオーブンへ。
 ドリップコーヒーの淹れ方を実演しつつ、焼きたてのクッキーでカフェタイム。なんともゆったりした良い時間となりました。
 お持ち帰り用のクッキーは各自ラッピングして頂いたので、そのままちょっとしたプレゼントになったかな?
 福原公民館での教室はスパイスキッチンに続いて2回目でしたが、続けて来て頂いた方もいて、嬉しい一日でした。

 (協力隊 久保田 文)


 

【協力隊奮闘記】平成30年度 その9

■2019/03/11(月)【佐藤隊員 農業修業! (その9)】

 いよいよスイカ作りの第一歩、スイカの苗の台木(ユウガオ)となる種蒔きが2月下旬に始まりました!この日は種を蒔く作業だけでしたが、種が重ならないように(約2㎝四方)ハウスの畑に広げるだけで、一日が終わりました。2000粒が入った袋を11袋と、もう2種類の種も蒔きました。
 水を十分やり均した土に、最初は適当に種を蒔き、その後、棒を使って種をひとつひとつ広げていきます。細かく地味な作業ですが良い台木にする手間です。こういう作業はイヤではありません。これからの事を思うと楽しみでもあります。約一週間ほどで芽がでます。先日見に行ってみましたが、りっぱな双葉が出ていました。穂木のスイカも芽がではじめていました。接ぎ木作業ももうすぐです!
(協力隊 佐藤)


【協力隊奮闘記】平成30年度 その9

■2019/3/8(木)【庄内地域へ視察に行ってきました!】

 今朝は久々の雪でちょっとびっくりでしたが、昼間にはすっかり融けてやっぱり春なんだな~と妙に納得してしまいました。
 さて、今週は他の地域おこし協力隊の活動から色々学ぼう!ということで、庄内地域にお邪魔して様々な活動や施設を見学してきました。
 酒田市では、地元の方が作った野菜を集めてキッチンカーで調理販売している庄司さんと能美さん。また活動拠点のコミュニティーセンターでカフェと月一居酒屋を運営している小久保さん。庄内町の立谷川流域活性化センターの運営や6次産業商品の開発などをしている伊計さん、西尾さん。その他にも庄内地域の隊員が集まる会議にお邪魔して、たくさんの方にお会いできました。
 庄内地域は共同で使うことができる食品加工場がいくつかあり、地場産品を使った商品開発や販売へのハードルが低く、魅力的な商品が多いことに驚きました。
 今後、尾花沢での活動に生かせるお話を聞き、魅力的な施設を見学し、新年度に向けてグッと気持ちが引き締まった視察でした!

(協力隊 久保田 文)


【協力隊奮闘記】平成30年度 その9


■2019/03/07 (木) 【佐藤隊員 農業修業! (その8)】

 冬の農作物として収穫していたアスパラもいよいよ終わり、3月の初めにアスパラの片付け(ハウスのアスパラの株を掘り出す)作業をしてきました。春の作物に向けて着々と準備が始まっています。

 アスパラの栽培(ハウス栽培)は技術がなくても大丈夫で、病気・虫などを気にしないでも、例年同じぐらいに収穫することができるそうです。収穫も体験しましたが、難しい事はなく太さに違いがあっても一定の長さがあれば収穫します。一番大変なのが、畑からの株の掘りあげとその株をハウスへ株植えする作業が重労働だという事です。そして今回の片付け。3本の爪がある(フォークみたいな)鍬で畑を崩していき、一株が20㎝ぐらいもある株を引っかけて土から出していきます。これも見ていると簡単そうですが、力がいる作業で大変でした。軽いアスパラを収穫する作業の後は、体がついていかないそうです。研修生のご夫婦と一緒に頑張りました。私は腕がパンパンになりました!
(協力隊 佐藤)


 

閲覧回数467回