ニュース特急便 2019年2月 (5)

ニュース特急便 2019年2月 (5)

育った大根と善意
鶴子小学校児童 義援金を贈る

 2月28日、鶴子小学校の児童5人が市役所を訪れ、東日本大震災で被災された方への義援金を菅根市長に手渡しました。
 この義援金は、自分たちで栽培した大根を販売し、その売り上げ金の中から出してくれたものです。収穫した大根は、地域の家庭を訪問したり、昨年10月に開催された「尾花沢新そばまつり」に出店して販売し、大好評を得ていました。
 子どもたちは、大根だけでなく慈善の心も大きく育て上げました。いただいた善意は、日本赤十字社を通して被災地へ送られます。



ニュース特急便 2019年2月 (5)

子育てパパ育成事業
手作りせっけんで「ホワイトデー大作戦!」

 2月24日、ABESAで子育てパパ育成事業「ホワイトデー大作戦」が行われ6組14人の親子が参加しました。今回の企画は、いつも頑張っているママ達に感謝の気持ちを込めて手作りせっけんをプレゼントするというものです。
講師に地域おこし協力隊の古瀬志織さんを迎え、親子たちはママの喜ぶ姿を想像しながら作業を進めます。無添加の手洗い用粉せっけんに食紅を溶かした精製水を混ぜ、揉みこんでいく作業では「ママは何色が好きかな?」とお父さんと相談しながら精製水を選んでいました。まとまってきたら、ハートやお花の型にいれて形をつくったり、好きな形に作ります。
 完成したせっけんは、2層になっていたり、マーブルになっていたりとそれぞれ個性が光る仕上がりになりました。子どもたちはメッセージを書きながらママの喜ぶ姿を想像し、にっこり笑顔で満足そうな様子でした。



閲覧回数1,071回