尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

①   オリエンテーリング

 この日の尾花沢は、冬では珍しいほどの快晴に恵まれ天気も参加者の皆様を歓迎しておりました。体験ツアー最初のプログラムは、オリエンテーリング。簡単な自己紹介とこれからのスケジュールを皆で確認しました。参加者の中には、前回の体験ツアーやその他のイベントで何度も尾花沢にお越しいただいた方もおり、すっかり尾花沢のファンになっていただきました。冬でも温かい雰囲気でツアーは、スタートしました。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

②   市内探訪⇒道の駅「ねまる」

 オリエンテーリング終了後は、バスに乗り込み道の駅「ねまる」へ。道の駅までの道中、尾花沢市で除排雪された雪が集まる丹生川排雪場や15社が立地する福原工業団地、よつば保育園など車中より見学しました。道の駅「ねまる」は、東北6県の事例発表会で大賞を受賞した「道の駅」で、自動車専用道路と一般道の双方からアクセスが可能です。また、道の駅ならではの地場産品と特産品の尾花沢すいかを活用した商品が充実しているのが特徴です。ここで参加者の一人はあったかい「きのこ汁」をペロリ。心も体もポカポカに温まります。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

③   移住者宅訪問(常盤地区細野集落)

 次に向かったのは、実際に移住された方のお宅。中古住宅を購入されて移住された方のお宅に伺い、移住後の暮らしを見て回りました。所有者はお仕事の都合で不在でしたが、現在はジャマイカ出身のALTが借りて住んでいました。古民家風の中古住宅をリノベーションしたアーティスティックな内装は、田舎暮らしとはちょっと違って斬新です。中古住宅の上手な使い方を学んで移住へのイメージを高めていただきました。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】

④   農家レストラン「蔵」訪問(常盤地区細野集落)

 移住者宅を後にした参加者の皆さんは、訪問した移住者宅と同じ細野集落にある農家レストラン「蔵」を訪問しました。農家レストラン「蔵」では、地元の山菜や野菜を使った集落のお母さん方手作りの田舎料理を味わうことができます。こちらでは、農家レストランの運営と地域づくり活動を行っている「山菜と清流の里ほその村」の五十嵐さんよりお話をお聞きしました。ほその村では、移住者宅や高齢者宅の除雪活動も行っており、お互いに助け合いながら集落を維持しています。また、ほその村ブランドのメープルシロップの販売や山登りイベントや農作業体験イベントの開催など人を呼び込む活動も行っております。自立した地域づくりと助け合いの精神を学び、ほその村を後にしました。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】
⑤   銀山温泉での交流会

 1日目最後のプログラムは、銀山温泉での交流会です。交流会には移住者宅訪問でお世話になったALTやほその村の五十嵐さんにも同席いただき交流を深めました。お料理は、郷土料理「納豆汁」や特産尾花沢牛、原種最上早生を使ったそばなど地元食材をふんだんに使っていただきました。参加者の皆さんは、移住後の生活のイメージやお仕事、住まいに関することなど様々な情報交換を行い、理想の移住像を語り合いました。特に話に上がることが多かったのは、特産品尾花沢すいかによる新規就農でした。尾花沢市には、現役農家によるノウハウの指導や生活費、住居費の補助など市独自の新規就農研修制度があります。農業を生業にするのも田舎暮らしの醍醐味のひとつです。

交流会の後は、銀山温泉を散策、老舗旅館で入浴し宿に戻りました。

以上で1日目のプログラムは全て終了しました。明日は、雪とたわむれる2日目。2日目のレポートもぜひご覧ください。

尾花沢市移住体験ツアー【1日目】
閲覧回数121回