ニュース特急便 2019年4月 (1)

ニュース特急便 2019年4月 (1)

家庭と地域から 安全な暮らしを
婦人防火協力班連絡協議会 定例総会

 市婦人防火協力班連絡協議会の定例総会が4月14日に消防本部で開催され、市内82班から選出された評議員が出席しました。会では火の用心十訓を全員で唱和したほか、加藤広美会長が「昨年度はみなさんの気配り目配りのおかげで一般住宅の火災は発生しませんでした。災害に備え防災減災を我がことととらえ、家庭・地域を守り住みよいまちにしましょう」とあいさつしました。また、昨年度の事業報告と今年度の事業計画などが承認されたほか、会の名称を「女性防火協力班連絡協議会」に変更する規約改正についても協議され、全員の拍手で承認されました。
 当協議会は昭和39年に発足して今年で55年を迎え、歴史と伝統を守りながら防火活動に取り組み、県下に誇れる協議会となっています。今年度は4月28日の春季消防大演習に参加するほか、婦人防火のつどいや、防災に関する講習会などを開催します。協力班の皆さんは、家庭の火災防止と自然災害から地域を守る取り組みを進めています。



 

ニュース特急便 2019年4月 (1)

新入学児童(園児)の交通事故防止強化旬間
よく見て 確認 ゆとり行動

 4月6日から15日にかけ「新入学児童(園児)の交通事故防止強化旬間」が実施されています。10日は菅根市長や五十嵐教育長らが街頭に立ち、子どもたちの登校を見守りました。
 子どもたちの交通事故を防止するため、交通安全指導の実施や交通違反の取締強化などが行われ、特に交通ルールや通学路に不慣れな新入学を迎えたばかりの児童・園児の交通事故防止が運動の重点とされています。歩行者は、横断歩道を渡る時は左右の安全を確かめ、ドライバーは、横断歩道を渡ろうとする人がいる時はしっかり停止するなど、みんなで交通事故防止に取り組むことが重要です。



 

ニュース特急便 2019年4月 (1)

 あたたかい善意ありがとうございます

 4月9日、遠藤塗装店さん(代表・遠藤孝一氏、写真は遠藤喜久子氏)から、子供たちの健やかな成長のためにと市に5万円のご寄付をいただきました。寄付金は、幼児備品の購入に活用させていただきます。ありがとうございました。



 

ニュース特急便 2019年4月 (1)

平成31年度消防団入団式及び辞令交付式
19人が入団

 市消防団入団式及び辞令交付式が4月7日に消防本部で開催されました。土屋典雄団長からの辞令交付の後、新入団員を代表して第1分団第10部の林 翔太さん(二藤袋)が菅根市長に「誠実かつ公正に消防職務を遂行することを固く誓う」ことを宣誓しました。
 入団式のあと、消防団の業務内容等についての研修が行われ、新入団員は真剣な表情で説明を聞いていました。
 今年度の新入団員19人が加わり、総団員629人で市民の安心と安全を守ります。



 

ニュース特急便 2019年4月 (1)

春の訪れ
 
 市役所の隣、第3号公園でつくしが芽生え始めているのを見つけました。今年は、4月になっても雪の降る日が続いておりますが、雪をかきわけ天に向かって背伸びするつくしの姿に、冬の終わりと春の訪れを感じます。(4月3日)



 

閲覧回数370回