ニュース特急便 2019年7月 (1)

ニュース特急便 2019年7月 (1)

商店街にぎわいまつり
多くの来場者であふれる

 7月14日、中央駐車場で商店街にぎわいまつりが開催されました。商店街協同組合が毎年開催しているもので、豪華賞品があたる「得得抽選会」のほか、尾花沢小学校自転車クラブの競技披露、北村山高校そばガールズによるそばを使ったお菓子やそば染め製品の販売、気仙沼市本吉町の皆さんによる三陸産海産物の販売なども行われ、会場は家族づれなど多くの来場客であふれました。
 子どもたちのダンスなどステージ公演にも多くの方が集まり、にぎわいあふれるまつりとなりました。



 

ニュース特急便 2019年7月 (1)

市役所旧庁舎火災想定訓練
市民の安全を守る

 711日から2日間、市役所旧庁舎で市消防隊員による救助訓練等が行われました。
 近年、屋内での火災防御活動は水損等による被害を最小限に抑える事が求められています。そこで、市役所旧庁舎を使用し建物内検索救助訓練のほか建物への進入要領を確認し、活動場面ごとの指揮者を中心とする小隊活動の技術向上を目的とした訓練が行われました。
 訓練では、放水塔付き消防ポンプ自動車を使用して3階の窓から進入し、要救助者を救出する訓練、施錠されたドアや防火扉等をエンジンカッターやチェーンソーで切断して進入する訓練、煙が充満し視界が遮られた室内から要救助者を発見し救出するという訓練など、3項目の訓練が行われました。どの場面においても、救助のために隊員同士が連携を取り、終始緊張感に包まれながら訓練が行われました。




ニュース特急便 2019年7月 (1)

新規学卒地元就職者激励会
永年勤続優良従業員表彰式
   

   7月4日、市内企業に勤務する新規学卒者と永年勤続従業員の方々の参加のもと、悠美館で行われました。今年は、11事業所に31人が就職。代表して菅原さんが「常に向上心を持ち、努力していきます」と意気込みを語りました。また、永年勤続に該当する優良従業員として8事業所19人の方が表彰を受け、代表して笹原利一さんが謝辞を述べました。






ニュース特急便 2019年7月 (1)

尾花沢中学校職業体験
働くことを学ぶ 

 7月2日から7月4日までの3日間、尾花沢市内すべての中学2年生が、市内の企業や事業所で職業体験を行いました。職業体験を通じ適切な職業観・社会性を身につけることが目的で、平成19年度から継続している取り組みです。
     おもだか保育園では、生徒6人が保育士の仕事を体験。七夕の飾りを作ったり、プールで遊んだり、給食を一緒に食べたりして、園児たちはお姉ちゃん先生とすっかり打ち解けていました。生徒の方は、笑ったり泣いたりころころと表情の変わるパワフルな子ども達を上手にあやしながら、仕事の大変さも実感しているようでした。




 

ニュース特急便 2019年7月 (1)

69回社会を明るくする運動市民集会
みんなでつくる安心な地域

犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの立ち直りを支える地域を築けるよう、7月2日にサルナートで社会を明るくする市民集会が開催されました。内閣総理大臣からのメッセージ伝達のほか、おもだか保育園児による鼓隊演奏、尾花沢警察署地域交通課課長竹岡寛顕氏による交通情勢講話が行われました。市では、今後も保護司会や更生保護女性会、人権擁護委員等の関係団体と連携し、より安心な地域社会の実現を目指していきます。




閲覧回数1,226回