【協力隊奮闘記】平成31年度 その6

【協力隊奮闘記】平成31年度 その6

■2019/10/21(月)【芋の子汁の季節】

 気づいたらストーブが手放せない季節になっていました。毎日のカメムシとの格闘も終わりが見えず、ちょっと憂鬱・・・でも、秋はおいしい物が食べられる季節!
ここ最近、地域のイベントなどでは必ず芋の子汁(芋煮)が食べられて、たっぷり秋の味覚を堪能しています。
 芋煮といっても作る人によって全然違うもので、豆腐を入れたり、なめこを入れたり。作る手順も様々なので毎回勉強になります。

 今年は色々な味を楽しんで、来年は自分の芋煮スタイルを確立させようと意気込んでいます!
(協力隊 久保田文)


【協力隊奮闘記】平成31年度 その6

■2019/9/18(水)【10/5(土)徳良湖でマルシェ開催!】

 
急に涼しくなり秋の空模様。そろそろ稲刈りも始まりますね。私にとってはおばなざわで過ごす初めての秋です。芋煮、楽しみだな・・・
 ところで初夏の頃から、地元尾花沢にUターンした若者(?)と一緒に実行委員会を立ち上げ、マルシェを企画し準備を進めています。
 尾花沢の中でも身近にあり景観が美しい徳良湖を舞台に、たくさんの方が訪れ、尾花沢の魅力を体感でき、地域に賑わいを生み出すイベントとして地元に根付くようにと、徳良湖を築く際に行われた土搗きに着想を得て「ドツキ市」と名付けました。
 ハンドメイド雑貨、農作物、飲食店など市内外から25店舗ほどが集まります。作り手と直接やり取りしながら買い物を楽しみ、徳良湖ならではのアクティビティとして第一回目はヨット乗船体験もできます。みなさんお誘い合わせてご来場ください

 今後、偶数月に定期開催予定です。12月、2月の出店者も募集中です。

開催日時:10月5日(土)10:00~15:00

場所:徳良湖湖畔広場(青少年研修センター裏)

入場料:無料(ヨット体験は一人500)

ウェブサイト:http://dotsuki.jp

(協力隊 久保田 文)


【協力隊奮闘記】平成31年度 その6

■2019/9/9(月)【松澤隊員の近況】

こんにちは、地域おこし協力隊の松澤望です。

もう9月。早いもので自分がここ尾花沢に来て5か月が経ちました。

尾花沢では夏の暑さが一段落し、特に朝晩はかなり涼しいことも増えてきました。

すいかの生産時期がほとんど終わった今、自分はいくつかの新しい農家さんにて研修させていただいております。

例えば、ある日は枝豆の収穫に携わらせていただきました。

枝豆の収穫は機械ですることもあるそうですが、今回は手作業。

その日は午後から雨が降ったので泥だらけになりましたが、収穫後に機械で枝と実を分離する作業もさせていただき、非常に良い経験となりました。

夏が終われば秋がやってきます。

季節の変わり目ですので、一層体調に気を付けながら精進していきたいと思います。

写真は枝豆収穫時のものです。

(協力隊 松澤 望)


【協力隊奮闘記】平成31年度 その6

■2019/8/29(木)【協力隊の畑で美味しいスイカを収穫できました!】 

 春にマルチを張り、支柱を立ててトンネルを作り、スイカ農家さんで教えてもらった作業を見よう見まねで実践してみました。大玉9株に小玉6株で全部で15株。大玉小玉各1株ずつ枯れてダメにしましたが、定植後の高温障害(だと思われる)を乗り越え、みごとなスイカが収穫できました。畑に毎日行けない時もあり、手さぐりの作業ではありましたが、農家さんについてやるのと違い、自分で考えながらやるのは、すごく勉強になりました。

一応、つる引き栽培です。(一番手のかかる栽培方法です)交配期には、朝の出勤前に畑に寄り、これでもかっと思うぐらい雌花に花粉をつけました。(まんべんなくつける加減がわからず…)

1株に2玉を目標として、病気にもならず順調に育ちましたが、動物に食べられてるという事態が発生して、急遽、網で囲う対策をしました。人間が食べるのが先か動物が食べるのが先か…。数は半分になりましたが、美味しいスイカが収穫できました!

お世話になりましたスイカ農家さん、ありがとうございました。

(協力隊 佐藤)


【協力隊奮闘記】平成31年度 その6

■2019/8/22(木)【夏野菜でタイ料理を作りました!】
 
 お盆も過ぎてちょっと夏の盛りが過ぎたかな~という雰囲気ですが、まだまだ暑い日が続いています。協力隊の畑の作物もピーク時よりは落ち着いて、奥手の米ナスや育ちが悪く心配していたオクラが採れるようになりました。まだまだ畑の野菜を楽しめそうです。

さてお盆明けの8月20日、福原地区公民館で開催された「夏野菜を使ったタイ料理教室」に講師として参加しました。今回はたくさん採れてちょっと困ってしまう夏野菜を、いつもと違うアレンジでたっぷり料理に使おう!と、常夏のタイの調理方法を取り入れたレシピを用意しました。もちろん協力隊の畑で採れた野菜をたっぷり使いましたよ!

調味料も少なく、意外と簡単なタイ料理。グリーンカレーは鍋にどんどん材料を入れて、夏野菜の甘みが出て辛みも抑えられ、おかわり続出でした。同じレシピで作っても各グループちょっとずつ味が違って、食べ比べも楽しめました。

いんげんを生で使うソムタムや、鶏肉を漬け込んで焼くガイヤーンは食べてみると意外と食べやすかったと思います。普段のお料理にタイ料理の一味を加えて、たくさん採れる夏野菜をたっぷり食べて夏を乗り切ってもらえれば嬉しいです。

(協力隊 久保田 文)


閲覧回数1,089回