ニュース特急便 2019年10月 (2)

ニュース特急便 2019年10月 (2)

小中学生が市長に質問
市制施行60周年記念こども議会

 10月17日、市議会議場で市制施行60周年記念こども議会が開催されました。こども議会には、市内小中学校から選出されたこども議員12人が出席。議長を除く11人が一般質問を行いました。こども議員の質問内容は、人口減少対策や子育て支援に関するもののほか、学校のトイレの洋式化や、通学に関わるバス運行についてなど多岐にわたり、菅根市長が質問に対して答えました。
 こども議会を終え、市の現状や抱えている課題についての理解を深めるとともに、市の施策を認識したこども議員の皆さんは、一回り大きくなったようでした。



 

ニュース特急便 2019年10月 (2)

元気おばね商品券
販売前から長蛇の列

 市内商店街等で使用できる「第22弾 元気おばね商品券」の販売が、10月14日に行われました。1万円で1万1,500円分の買物ができる15%のプレミアムが付き商品券が2,100セット用意されました。
 商品券は毎年、まるだし尾花沢ふれあいまつりの会場で販売されていますが、この度の台風19号の影響で、10月12日と13日に予定されていたまつりの中止が決定され、14日に販売日が変更となりました。
 販売日も場所も変更になったにもかかわらず、販売所となった共同福祉施設には大勢の市民が列をなしていました。販売が開始されると、並んでいた方々は商店街協同組合の皆さんから、笑顔で商品券を受け取っていました。



 

ニュース特急便 2019年10月 (2)

尾花沢大石田青パト出発式
地域を守る青い光

 10月11日、尾花沢警察署で青パト出発式が行われ、市防犯協会など7団体から約35台の青パト車がそろいました。また、地域住民による防犯活動に永年尽力してきた功績がたたえられ、市防犯協会常盤支部長の阿部巖氏へ防犯栄誉銀章が授与されました。青パト車は、今日も地域の安心安全を見守ります。


ニュース特急便 2019年10月 (2)

宮沢地区地域福祉交流センター
リニューアルオープンセレモニー
 
 10月11日、宮沢地区地域福祉交流センターのリニューアルオープンセレモニーが行われ、オープンを心待ちにしていた地域の皆さんや、来賓の方が大勢駆けつけました。
 宮沢地区地域福祉交流センターは、旧高橋保育園を1800万円かけて修繕し、子どもからお年寄りまで集まりやすい安全で快適な施設に生まれ変わりました。今後は、月に一度年齢問わず誰でも参加できる憩いの場「おきな茶屋が開かれるほか、地区の皆さんが気軽に集まって利用できる施設として活用されます。
 セレモニーでは、元地域おこし協力隊の加藤皓平さんによるチェロ演奏が披露され、チェロにハーモニカやピアノの伴奏も加わり来場者全員で赤とんぼなどの童謡を合唱しました。その後、餅まき、芋煮昼食会もあり、地域の皆さんの笑顔が絶えない楽しい1日となりました。

 


 

ニュース特急便 2019年10月 (2)

みやさわ・みやざわ交流グラウンドゴルフ大会
秋の和やか交流会

 10月10日、大崎市古川宮沢(みやざわ)地区と尾花沢市宮沢(みやさわ)地区との交流事業「みやさわ・みやざわ交流グラウンドゴルフ大会」が徳良湖花笠グラウンドゴルフ場で行われ、両市から38人名が参加しました。徳良湖花笠グラウンドゴルフ場は、グラウンドゴルフ場にしては珍しく勾配がついており、慣れている人でもボールがどちらに転がるか読めません。ホールインワンが出ると、周りから歓声があがりました。天候にも恵まれ、参加者はさわやかな秋空の下でプレーを楽しみました。その後、花笠の湯へ場所を移して懇親会が行われ、今日の出来や両地区の様子について語り合い、交流を深めました。


 

閲覧回数688回