【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

■2019/12/13(金)【尾花沢まつりばやし教室 本年度終了!】

 先日、本年度の尾花沢まつりばやし教室の閉校式があり、修了証を頂きました。今年の4月に「尾花沢まつりばやし教室」が開校されて11月までの約8ヶ月間、子供達と一緒に練習してきました。尾花沢まつりばやしは本市の指定無形文化財です。太鼓・しの笛・三味線の3つの楽器で編成されているお囃子です。その音色(組曲)は京都祇園の流れをくむと云われているように、とても雅な雰囲気の曲[お幻化(おげんげ)・やえん・すころ]の3曲です。

 今年度、私も初めて三味線に挑戦し参加させて頂きました。どうにか2曲は弾けるようなり、最大の見せ場である、おばなざわ花笠まつりではお囃子屋台としてパレードにも参加することができました。(1日中ひたすら三味線を弾きまくります!!)その他にも八幡神社や学習発表会、文化祭、市制60周年記念式典での演奏、最後を飾るものとしてはこれ以上ふさわしいものはない天皇陛下即位奉祝山形県民大会の出演(指導者のみの出演)がありました。これは山形新聞にも大きく掲載されました。

 来年度もまた参加し、3曲を弾けるように頑張ります!さらにクリアな音を目指したいと思います。初心者の方でも保存会の先生が丁寧に教えてくれますので、興味のある方はぜひ来年参加してみてはどうでしょうか。伝統ある尾花沢の文化伝承に少しでも貢献できればと思っています。

(協力隊 佐藤)


【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

■2019/12/11(水)【おれんじカフェでお菓子とコーヒー】

先日12/7(土)東光館で開催された「おれんじカフェ」(認知症カフェ)で手作りお菓子とハンドドリップコーヒーを提供しました。
おれんじカフェは認知症の方やそのご家族、興味のある方だったらどなたでも参加できるイベント。当日はスペシャルデーということで笑いヨガが開催されました。
いつもよりも多い参加者とのことで、会場は大盛り上がり。笑いヨガの後にカフェタイムだったのですが、皆さんのイキイキした表情が印象的でした。
たくさん笑って甘い物とコーヒーの香りで癒されて、少しでも幸せな気持ちになってもらえたらな~と感じたイベントでした。

*写真は当日用意したお菓子(ウーピーパイ、シフォンケーキ、メレンゲ、ココナッツクッキー)とコーヒーです。

(協力隊 久保田 文)


 

【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

■2019/12/3(火)【12/14(土)第2回ドツキ市開催!】

あっという間に12月。
私が尾花沢に移住してからちょうど一年が経ちました。 濃すぎる1年でちょっと困惑。移住したころには想像できなかったほど尾花沢にどっぷりハマっております。
さて、10月5日に開催した「ドツキ市」。 たくさんの方においで頂き大変盛り上がりました。 2か月に一度の開催なので今月もやりますよ!
今回は「徳良湖自然研修センター」をメイン会場に屋内開催となります。が、尾花沢の冬もたっぷり味わっていただきたいので前回の開催場所・湖畔広場では「冬のキャンプ」をテーマに、焚火を囲んでデイキャンプを楽しめます。
出店者は33店舗。前回に引き続きの出店者さんも今回初の出店者さんもちょうど半々くらいです。前回は早い時間にフード・スイーツが売り切れ続出だったので、今回リベンジをかけている方も多いようです。
また、今回のおすすめは「冬の手仕事」を楽しめるワークショップ。藁から縄をなって水引で飾りを作り、自分だけのしめ縄飾りを作ることができます。 申込み不要で随時受付。 新しい年を迎える準備はぜひドツキ市で!

開催日時:12月14日(土)10:00~15:00
場所:徳良湖自然研修センターと湖畔広場
入場料:無料(しめ縄飾りワークショップは有料) ウェブサイト:http://dotsuki.jp

(協力隊 久保田 文)


 

【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

■2019/11/26(火)【松澤隊員の活動】

こんにちは、地域おこし協力隊の松澤望です。
ついに本格的な冬が目前にまで迫ってきました。
11月が終わるということは、間もなく年末でもあるということです。
年末の次は年明け。
来る11月24日(日)、三日町公民館にてわらじとしめ縄を作る作業に携わらせていただきました。
これらは年明け1月12日(日)、愛宕神社への「裸参り」の際に使用されるものです。
「裸参り」とはふんどし一丁にわらじを履いて境内へ参り、しめ縄を奉納する祭事。
想像しただけで凍えそうですが、自分も参加させていただくことに……。乞うご期待。
(協力隊 松澤)


【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

2019/10/31(木)【季節ならではの】

 山の紅葉も進み、日々変化していく様子を楽しみながら眺めています。ここ(尾花沢)にいると季節をはっきりと感じることができます。さて、今年も残すところ2ヶ月あまり、年々月日が加速して早くなっています…。
 先日はこの季節ならではのお正月の飾りに使われる「ユズリ葉(譲葉)」という木の葉の収穫に行ってきました。若葉が出ると古い葉が落葉する。そんな事から親が子に代を譲る様にたとえられ、家が代々続いていくように縁起のよい葉として使われるようです。
 枝先にらせん状につく長楕円形の葉と付け根が赤いのが特徴的です。傷をつけると商品にならなくなるので最初はごわごわ1枚1枚という感じでしたが、慣れてくると数枚まとめてとることができるようになりました。大きくて(15~20㎝ぐらい)濃い緑で傷のない葉が良い葉だそうですが、収穫の時はいっぺんに収穫しています。社員の方とアルバイトの方と和気あいあいの雰囲気のなかの収穫は楽しかったです。
(協力隊 佐藤)


 

閲覧回数1,309回