【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

【協力隊奮闘記】平成31年度 その7

2019/10/31(木)【季節ならではの】

 山の紅葉も進み、日々変化していく様子を楽しみながら眺めています。ここ(尾花沢)にいると季節をはっきりと感じることができます。さて、今年も残すところ2ヶ月あまり、年々月日が加速して早くなっています…。
 先日はこの季節ならではのお正月の飾りに使われる「ユズリ葉(譲葉)」という木の葉の収穫に行ってきました。若葉が出ると古い葉が落葉する。そんな事から親が子に代を譲る様にたとえられ、家が代々続いていくように縁起のよい葉として使われるようです。
 枝先にらせん状につく長楕円形の葉と付け根が赤いのが特徴的です。傷をつけると商品にならなくなるので最初はごわごわ1枚1枚という感じでしたが、慣れてくると数枚まとめてとることができるようになりました。大きくて(15~20㎝ぐらい)濃い緑で傷のない葉が良い葉だそうですが、収穫の時はいっぺんに収穫しています。社員の方とアルバイトの方と和気あいあいの雰囲気のなかの収穫は楽しかったです。
(協力隊 佐藤)


 

閲覧回数630回