ニュース特急便 2019年12月 (3)

ニュース特急便 2019年12月 (3)

今年もおいしくできました
山ぶどうワイン新酒を祝う会

 12月20日、「雪山ぶどうワイン」の新酒を祝う会がレストラン徳良湖で行われ、山ぶどう栽培農家などが参加しました。尾花沢産にこだわったワインづくりは、平成23年に設立された山ぶどう研究会が企画・運営しており、会員の皆さんは、今年のワインも納得のいく味に仕上がったと喜んでいました。




ニュース特急便 2019年12月 (3)

本間好幸さん(新町4)
ダイヤモンド賞受賞

 12月18日、グラウンド・ゴルフのダイヤモンド賞を獲得した本間好幸さんが、受賞報告のため来庁されました。
 ダイヤモンド賞は、8ホール中ホールインワンを3回すると公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ協会から贈られる賞で、本間さんは10月25日に徳良湖グラウンド・ゴルフ場で行われた「尾花沢市GG協会(役員)大会」で、ホールインワンを3回達成しました。
 本間さんは、平成27年5月の市報おばなざわ「ユニーク列伝」のコーナーで、目標はダイヤモンド賞とインタビューに答えており、この度、見事目標を達成されました。トロフィーを手にした本間さんは、「85歳になるが、まだまだこれから」と語られました。
 おめでとうございます。



 

ニュース特急便 2019年12月 (3)

合唱団が歌声を披露
クリスマスコンサート

 12月15日、サルナートでクリスマスコンサートが行われました。
 コンサートは市民文化祭の一環として、尾花沢音楽愛好会・尾花沢合唱団の主催で行われ、尾花沢少年少女合唱団、シーアグラス女声合唱団、尾花沢男声合唱団、尾花沢混声合唱団の皆さんが参加。訪れた約300人が合唱による厚みある響きに酔いしれました。
 また、小学生、中学生のピアノ演奏のほか、山形北高等学校音楽科出身の髙橋麻里さんと加藤希望さんのお二人をお招きし、髙橋さんのクラリネットとオカリナ、加藤さんのピアノによる特別演奏も行われました。
 最後は合唱団と会場の皆さんで「きよしこの夜」を合唱し、一足早いクリスマスの雰囲気を楽しみました。



 

ニュース特急便 2019年12月 (3)

どんなケーキができるかな
パパとクリスマスクッキング

 12月15日、地域子育て等拠点施設ABESAで「パパとクリスマスクッキング」が行われ、親子14組、約30人が参加しました。
 こどもたちはパパと一緒に、講師の矢作由美子さんの手ほどきを受けながら、スポンジケーキにクリームを塗ったり、フルーツをトッピング。甘い香りに誘われ思わずクリームを味見してしまう場面もありましたが、親子が協力してケーキを完成させました。ケーキ作りのあとは、野菜が入ったカラフルライスの盛り付けも体験し、クリスマスにぴったりの華やかな料理でミニパーティーを楽しみました。
 ABESAでは様々なイベントを開催し、子どもたちの健やかな成長を支援しています。イベント内容については、市報お知らせ版やABESAのホームページでご覧になれます。



 

ニュース特急便 2019年12月 (3)

第2回ドツキ市
冬の徳良湖を楽しもう

 12月14日、徳良湖畔でマルシェが開催されました。このイベントは、地元尾花沢にUターンした若者らと地域おこし協力隊が実行委員となり企画したもので、尾花沢の魅力を体感しながら、地域に賑わいを生み出すイベントとして地元に根付くよう、徳良湖を築く際に行われた土搗きにちなんで「ドツキ市」と名付けられています。10月5日に開催された第1回に続き、2回目となる今回は自然研修センターを会場に行われました。
 ドツキ市には、ハンドメイド雑貨、農作物、飲食店など市内外から30店舗ほどが集まり、訪れた方々は、お店の人とコミュニケーションをとりながら買い物を楽しんでいました。また、冬のキャンプ相談会も行われ、訪れた方はたき火を囲みながら自然を満喫。冬の徳良湖の新しい楽しみ方を体験しました。さらには、しめ縄やはけごづくりのワークショップも行われ、郷土の手仕事を体験した参加者は、ベテランの手際の良さに驚いていました。
 今後も偶数月に定期的に開催する予定で、次回は徳良湖自然研修センターで2月22日に開催する予定です。



 

閲覧回数615回