ニュース特急便 2019年12月 (4)

ニュース特急便 2019年12月 (4)

巨勢 庸純(こせ つねよし)氏(九日町)
総務大臣表彰

 市選挙管理委員会委員を永年務められた巨勢氏に、総務大臣表彰が贈られました。
 巨勢氏は、平成3年から平成11年までの8年、また平成14年から平成30年までの16年、通算24年間にわたり市選挙管理委員会委員を務められ、選挙の適正な執行や投票率の向上などに尽力してこられました。
 また、巨勢氏は平成2年から16年にわたり、保護司として更生保護活動や地域の犯罪防止活動にも尽力されました。
 12月27日、受賞報告のため菅根市長を訪れた巨勢氏は「受賞は市民のみなさんのおかげ」と述べられました。これまでの功績に敬意を表し、今後益々のご活躍を祈念いたします。



ニュース特急便 2019年12月 (4)
雪弦コンサート開催
五重奏の美しい調べ

 市地域づくり協議会主催の「雪弦コンサート」が、12月22日サルナートで開催されました。加藤皓平氏と全国で活躍されている4人の弦楽奏者による公演では、尾花沢合唱団との共演もあり、観客は美しい調べに聞き入っていました。また、会場では「赤い羽根募金活動も行われ、来場した方々から84,556円募金していただきました。皆様のご厚意ありがとうございました。




ニュース特急便 2019年12月 (4)

幻酒翁山 新酒発表会
この日を待ってました

 12月21日、宮沢翁塾(菅藤広一会長)が毎年企画している「幻酒翁山」の新酒発表会が柏屋食堂にて行われました。
 「幻酒翁山」の原料は、昭和35年に本市(当時の農業試験場・尾花沢分場)で誕生した米「さわのはな」。抜群の食味から良食米として知られていますが、収量が上がらないこと、天候によって栽培が難しいこともあり、作付面積が減少していきました。しかし、その美味しさに惚れ込んだ農家が作り続け、宮沢翁塾では平成13年から酒造りに取り組んでいます。
 会場では、宮沢翁塾と親交が深い落語家柳家わさびさんの真打昇進記念寄席が行われたあと、菅藤会長が「今宵は新酒を味わいながら、尾花沢の夢を大いに語り合っていただきたい」とあいさつ。鏡開き、乾杯の後は宮沢地区在住のチェリスト加藤晧平さんらによるミニコンサートも行われ、この日を楽しみに待っていたファン達は、新酒の出来栄えを堪能していました。



 

ニュース特急便 2019年12月 (4)

翁塾干支イルミネーション点灯式
「亥(い)~子(ね) 干支2巡24周年記念」

 12月21日に宮沢小学校前の県道沿いにつくられた干支イルミネーションの点灯式が行われました。この製作・展示は宮沢翁塾が行っており、今年で24回目を迎えました。
 今年のテーマは「亥(い)~子(ね) 干支2巡24周年記念」。令和元年の干支である亥(いのしし)と令和2年の子(ねずみ)が並んでいます。デザインは、宮沢小学校5・6年生が応募してくれた作品の中から最優秀賞に選ばれた押切聖奈(せな)さん(5年生)の原画をもとに作成されました。
 点灯式に集まった宮沢地区の方がカウントダウンし、原画を作成した押切さんがスイッチを入れると、夕暮れの中にかわいい動物のイラストが浮かび上がりました。
 イルミネーションは午後4時から翌午前2時まで点灯されています。雪原の中、光り輝く絵をぜひ、観にいってみてはいかがでしょうか。