ニュース特急便 2020年2月 (4)

ニュース特急便 2020年2月 (4)
メープルサップ採取体験
楓の樹液を味わおう

 2月24日、清流と山菜の里ほその村で「メープルサップ採取体験」が行われ、北は岩手県奥州市から南は東京都まで99人が参加しました。
 細野地区交流センターで森林の役割の説明を聞いた後、6班に分かれて森へ出発。森の斜面に苦戦しながらイタヤカエデの群生地にたどり着きました。木の幹にドリルで穴をあけると透明で水のような樹液が滴りました。指にとってなめるとほんのり甘く木の香りがして、参加者たちは感激しました。この滴り落ちる樹液をチューブでポリタンクにためて4時間煮詰めるとはちみつのようなメープルシロップが完成するそうです。
 普段はなかなか入れない森の中を歩き、自然の恵みを感じた一日となりました。





ニュース特急便 2020年2月 (4)

おばね6集落イルミネーション
イルミネーションで地域をライトアップ

 中刈、押切、行沢、西原、名木沢、毒沢の6地区で夜を彩るイルミネーションが開催されました。この取り組みは各集落で自分たちの住む地元を盛り上げようと3年前から開催されています。今年は各地区でライトアップの期間が異なりましたが、22日には全地区でライトアップされました。各地区様々な趣向を凝らした雪灯篭やイルミネーションが設置され、地区内外から訪れた来場者は雪と光が作り出す幻想的な風景に感動していました。


ニュース特急便 2020年2月 (4)

ニュース特急便 2020年2月 (4)

友好都市岩沼市 冬の交流事業
冬の尾花沢を満喫

 2月22日から23日かけ、本市の友好都市である宮城県岩沼市から小学生19人が訪れ、冬の尾花沢を体験しました。花笠高原荘で行われた歓迎式では岩沼市の小林美音さんが「岩沼ではできない体験ができるので楽しみです。2日間よろしくお願いします。」と挨拶しました。
 初日は、花笠高原スキー場でソリ遊びをしました。コースの上に立つと角度と高さにたじろいでいた子ども達でしたが、二人乗り・三人乗りにも挑戦しヘトヘトになるまでソリ滑りを楽しみました。その後、御所の湯で入浴し、夜は鶴子地区の民家6軒に宿泊。翌日はそば打ち体験をして、自分で打ったそばをおいしく食べました。
 2日間、尾花沢ならではの体験を存分に満喫したようでした。




 

閲覧回数1,357回

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目2番3号
電話:0237-22-1111(代表) ファクス:0237-23-3004(代表FAX番号)