ニュース特急便 2020年6月 (2)

ニュース特急便 2020年6月 (2)

仕事の合間に癒しのひとときを
リラクゼーション・チェロ・コンサート開催

 6月19日、昼休み時間を利用して、元地域おこし協力隊の加藤皓平さんによる「リラクゼーション・チェロ・コンサート」が行われました。
 6月定例市議会閉会となったこの日、議場はコンサート会場に早変わり。「浜辺の歌」「白鳥」など聞きなじみのある曲が演奏されると、木材がふんだんに使われた議場にチェロの音色が柔らかく響き渡りました。また、加藤さんが新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなり、実家に戻ることも考えたときに、近所の方々から様々な差し入れをいただき、押切地区民のあたたかさに包まれて尾花沢に残ることを決心したエピソードを披露。そのとき降っていた雨に地区民への感謝の気持ちを表したオリジナル曲「雨の日」も演奏され、議場に集まった議員や職員は、仕事の合間に癒しのひとときを味わいました。



ニュース特急便 2020年6月 (2)

区長永年勤続 
坂木常義氏 市及び区長会より表彰
 

 618日、坂木常義氏が平成9年度及び平成14年度から令和元年度までの通算19年間、坂本区長を務められたとして、市から感謝状及び区長会より表彰状を贈呈されました。
 坂木氏は平成9年度に坂本地区の区長に就任されて以来、玉野中学校の統合などの際には住民の声をまとめるなど地域行政の運営に多大な貢献をしていただきました。坂木区長は「市長はじめ皆さんのおかげで微力ながら区長を続けられたことは感謝申し上げたい」と述べられ、市長は「地域の皆さんをまとめるのは大変なことで、統合にあたって並々ならぬご苦労があったと思います」と労いの言葉をかけられました。
 これまでのご功績に敬意を表し、今後益々のご活躍を祈念いたします。



 

ニュース特急便 2020年6月 (2)

新型コロナウイルス感染症対策へ
消毒液をいただきました 

6月18日、市内芦沢にあるジャパンクリエイト㈱の柏倉代表取締役と佐藤総務統括が市役所を訪れ、新型コロナウイルス感染症対策に役立てて欲しいと、市へスプレーボトルタイプ消毒液37本を寄贈されました。
 いただいた消毒液は市内各小中学校で消毒作業等に使わせていただきます。ご厚意に感謝いたします。



 

ニュース特急便 2020年6月 (2)

花のかけはし
尾花沢の玄関口に6000本の花を咲かせよう
 

 花のかけはし実行委員会では、平成15年度から国道13号のバイパス沿いに花を植える環境美化活動に取り組んでいます。
 今年で18年目を迎えた花植え作業は614日早朝に行われ、市内企業や各種団体が参加しました。615日と617日には、北村山高校生にも花植え作業にご協力いただき、延べ3日間で日々草4000本、コリウス2000本をバイパス沿いに咲かせました。
 日々草とコリウスは、初夏から秋まで赤や白、ピンク、紫の鮮やかな花を楽しむことができます。

※新型コロナウイルス感染症対策として、一般及び児童の参加をご遠慮いただき、参加者のマスク着用、開会式の際は距離を開けて整列しての作業となりました。



 

ニュース特急便 2020年6月 (2)

宮沢フラワーロード定植活動
花の道を咲かせよう 

 611日、宮沢フラワーロード定植活動が行われ、宮沢小の児童が宮沢小前の県道に花を植えました。
 この活動は「芭蕉の道フラワーロード咲花草会」が主催しており、宮沢地区全戸からの寄付金を得て、宮沢小前の県道に花植えを行っています。
 校長先生が「道を通る人たちの心がきれいになるように花をしっかり植えましょう」と挨拶し、マリーゴールドとペコニアを植えました。下級生に植え方をレクチャーする上級生の姿も見受けられ、全校児童一丸となって、シャベルで土を掘ったり、水をあげたりしました。 
 児童たちと宮沢地区の皆さんは県道沿いに計2000本の花を植え、県道は赤と黄色で華やかになりました。

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目2番3号
電話:0237-22-1111(代表) ファクス:0237-23-3004(代表FAX番号)