尾花沢市特定不妊治療費助成事業

尾花沢市では、「特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)」を受けている夫婦に対し、経済的負担の軽減を図ることを目的に、山形県の助成金に上乗せして、治療費用の一部を助成する事業を実施しています。また特定不妊治療の過程の一環として行われる「男性不妊治療」を行った場合、さらに追加して助成金の交付が受けられます。山形県の決定通知書が届いてから尾花沢市へ申請してください。

令和2年4月1日より助成額を拡充しました。


○助成を受けることができる方
 
法律上の婚姻にある夫婦で、特定不妊治療(15体外受精及び顕微授精)以外の治療によっては、妊娠の見込がないか、又は極めて少ないと医師に診断された次の条件を満たす夫婦とします。

1.夫婦ともに又は夫婦のいずれか一方が尾花沢市に住所を有するもの
2.山形県特定不妊治療費助成を決定された夫婦
3.1回の特定不妊治療費が山形県の助成限度額(15万円)を超えた夫婦
(※ただし、以前凍結した胚を移植した及び排卵したが、卵が得られないまたは状態の良い卵が得られないため中止した場合については7万5千円を超えていること)
4.他の市町村から助成を受けていない夫婦

○助成額
 上限20万円(令和2年度4月1日から)

○申請方法
 山形県特定不妊治療費助成の決定通知がなされた日の翌月末まで、必要書類を添えて尾花沢市健康増進課まで申請してください。(月~金曜日 8:30~17:15)
尚、郵送でも受け付けを行っています。(郵送の場合、申請書に不備等があった際にはご連絡がいくことがありますのでご了承ください。)

審査後、決定通知書で結果をお知らせし、申請口座へ助成金を振り込みます。

○申請に必要なもの
 1.尾花沢市特定不妊治療費助成事業申請書
  2.山形県特定不妊治療費助成事業受診証明書の写し(県へ提出したもの)
  3.山形県特定不妊治療助成金決定通知書の写し(県からの通知)
  4.特定不妊治療に係る医療機関発行の領収書(県に提出したもの)
  ※領収書はコピーを取ってお返しします。
  5.申請者名義の振込先通帳の写し
  ⒍朱肉印鑑

※申請書はこちらからです。

【問い合わせ先 尾花沢市役所 健康増進課 健康指導係 ☎0237-22-1111 内線622】