子宮頸がん予防接種(HPVワクチン)キャッチアップ接種について


 子宮頸がん予防ワクチンであるHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンは、平成25年4月に定期予防接種となりましたが、接種後の痛みや運動障害などの症状の報告があったため、同年6月14日から積極的な接種勧奨は差し控えられていました。
 この度、国の検討部会において、HPVワクチンの安全性に特段の懸念が認められないこと、接種による有効性が副作用のリスクを明らかに上回ることが認められたことから、令和4年4月より接種勧奨が再開されました。

 そこで、積極的勧奨が差し控えられていた期間に接種機会を逃した方に対して、救済措置接種(キャッチアップ接種)を実施します。
 本市では、接種対象となる方に向けて予診票等をお送りしています。同封のリーフレットの内容をご確認いただき、ワクチンの有効性やリスク等を十分にご理解いただいたうえで、接種を希望する方は、実施医療機関にお申し込みください。

(1)対象者
 本市における対象者は、以下の①~③のすべてに該当する方になります。
 ①平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた女性
 ②HPVワクチンの規定接種回数(3回)を終えていない未接種者または接種中断者
 ③接種時に尾花沢市に住所登録がある人

(2)接種期間
 令和4年4月1日~令和7年3月31日(3年間)の接種を対象とします。

(3)接種回数
 ・未接種者 :3回(通常3回接種の場合は約6ヶ月の期間が必要です)
 ・接種中断者:不足回数分

(4)ワクチンの種類と接種間隔
 定期接種として認められているワクチンは、サーバリックス(2価)、ガーダシル(4価)の2種類があり、3回とも同じ種類のワクチンを接種します。
 接種を中断している人も、原則1回目と同じ種類のワクチンを接種することになりますので、母子健康手帳等でこれまでの接種履歴を必ずご確認ください。

(5)接種費用
 無料 ※(2)の接種期間を過ぎると任意接種となり、有料となります。

(6)接種方法
 接種を希望する医療機関に各自でご予約ください。
 ※尾花沢市外の医療機関での接種を希望する方は、接種前に「予防接種券」を市役所健康増進課
でお渡ししますので、窓口までお越しください。

(7)接種時の持ち物
 HPVワクチン予診票、接種済証、予防接種券(市外で受ける場合)、母子健康手帳(これまでの接種履歴がわかるもの)

(8)注意事項
 予診票は、市で管理する予防接種履歴において令和4年3月末までに定期予防接種として完了していない方に送付しています。そのため、転入された方や任意接種で既に受けた方にも予診票が届く場合があります。
 既にHPVワクチン接種を完了した方へ
 行き違いで予診票が届いた場合はご了承ください。市役所への連絡は不要です。規定回数(3回)以上の接種を避けるため、不要な予診票は廃棄をお願いします。

(9)HPVワクチンを任意で既に接種された方
 平成26年4月1日から令和4年3月31日まで間に、HPVワクチンを任意接種した方に対しては、接種に要した費用の払い戻し(金額に上限あり)を行います。詳細は下記リンクをご覧ください。
 子宮頸がんワクチンの任意接種償還払いについて

なお、詳細については健康増進課にお問い合わせいただくか、厚生労働省のHPをご参照ください。

【問合せ】尾花沢市健康増進課 健康指導係 
     電話:0237-22-1111(内線621)