国民健康保険

国民健康保険からのお知らせ

国民健康保険税は必ず納期に納めましょう!
みなさん一人ひとりの保険税が国民健康保険を支えています。
国民健康保険(国保)は、加入者みんなでお金を出し合う、支え合いの仕組みです。保険税を納めることにより、病気やケガでお医者さんにかかった時や、出産した時などに給付を受けることができます。

◆保険税を滞納していると、、、
 特別な理由もなく保険税を滞納している人については、次のような措置がとられることになりますので、納め忘れのないようにしましょう。

 1.督促をうけたり、延滞金が加算される場合があります。

 2.保険証の有効期間が短くなる場合があります(短期被保険者証の交付)。

 3.保険証を返すことになり、被保険者資格証明書が交付されます。
   この場合、医療機関の窓口でいったん費用の全額(10割)を支払い、後日申請により、保険給付分の払い戻しをうけます。また、保険税が完納されると認められたときなどは、保険証は再交付されます。

 4.国保の給付の全部または一部が差し止められます。

 5.国保の給付の全部または一部が滞納保険税にあてられます。
   上記の滞納措置を行っても、なお滞納が続いている世帯は、国保の給付(療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費など)をうける場合、その費用の全部または一部が滞納している保険税にあてられます。

 ※そのほか、財産の差し押さえなどの滞納処分を行う場合もあります。

   ◆ ご相談ください ◆
  災害や病気などにより、保険税の納付がどうしても困難という人は、ご相談ください。

         健康増進課 国保医療係  TEL:22-1111(内線624・625)         

社会保険等に加入している人を除いて全ての市民が国民健康保険(国保)への加入者となります。国保は加入・脱退するとき、どちらの場合でも届出が必要です。届出手続きは、職場の健康保険などと違い、みなさんが自分で行うことになっています。
◆自己負担限度額 ◆高額療養費の支払いを受けるには ◆限度額認定証の交付について
ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進について
◆療養費の支給 ◆海外療養費 ◆出産育児一時金・葬祭費 ◆交通事故などにあった時は?
◆退職者医療制度