高齢受給者証について

70歳になられた国民健康保険の被保険者には「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。

◆交付の時期
 該当者の誕生月の下旬(1日生まれの方は誕生月の前月の下旬)に行われる「はつらつ70健康教室」の際に交付します。 該当者の方は忘れず参加しましょう。
高齢受給者証について
◆対象者
70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の方はその月)から75歳の誕生日の前日まで、引き続き加入している医療保険で医療を受けます。







高齢受給者証について
◆「高齢受給証 」とは?
 70歳になると、お医者さんにかかるときの自己負担割合などが変わります。所得などに応じて自己負担割合が2割、または3割となります。※昭和19年4月1日以前生まれの人は1割(高齢受給者証に記載されています)
  高齢受給者証は、自己負担割合を証明するものです。お医者さんにかかるときは、保険証と一緒に出してください。
 ※所得に応じて自己負担割合などが決まりますので、忘れずに所得申告しましょう。





◆ご不明な点は、尾花沢市健康増進課国保医療係 0237-22-1111(内線624・625)