奇習・奇祭

尾花沢の地域に伝わる、ちょっと変わったお祭り、風習を紹介します。
 
 
 
◆ 裸参り
 この祭りは、戦後50年間途絶えていましたが、平成7年に復活されました。 零下の夜、ふんどしと足袋、わらじ姿になった町内と市内外の若者が、雪の降りしきる中で勢いよく水を浴びると、集まった観客から盛んな声援が送られます。 次々と冷水を浴び、松明や提灯をかざして六沢トンネルの上にある愛宕神社まで力強く登っていきます。参道は大雪に包まれ250段の石段も定かではありません。愛宕神社で町民の安全、受験の合格、一年の豊年を祈願。山から下りて来ると杵でもちをつき、松明でお斎灯に点火します。 裸参拝が伝統行事として定着してきたことで、地区民間の絆がよりいっそう強まってきているようです。
開催日 1月上旬
会場 三日町 愛宕神社
問合せ 常盤地区公民館 0237-28-2122
 
◆ 地蔵転がし
 子どもたちがお地蔵さんを引きずりまわしながら各家庭を練り歩き福を呼びます。 地蔵を手荒に扱うのは仏との親交ぶりを表し、無病息災や豊作の願いが込められています。 嘉永年間に地区の菅野惣八という人が自作の木彫り地蔵を背負い、四国や秩父などを行脚したそうです。その地蔵を地蔵堂に奉ったことから祭りが始まったと伝えられています。 子どもたちは二手に分かれ、縄でしばった地蔵を池や川につけては雪まみれにして家庭を回ります。玄関先に勢いよく地蔵を置き、たくさん雪が散らかるほど縁起が良いとされ、家の人は地蔵の頭をなでたり祈ったりします。
開催日 1月中旬
会場 北郷地蔵堂 (北郷集落内)
問合せ 玉野地区公民館 0237-28-2111
 
尾花沢市商工観光課 〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目1番3号
TEL 0237-22-1111   FAX 0237-22-3222
e-mail : shoko@city.obanazawa.yamagata.jp
   
尾花沢市観光物産協会 〒999-4228 山形県尾花沢市上町6丁目1-16パレットスクエア内
TEL 0237-23-4567   FAX 0237-23-4568
e-mail : obane-kank@ic-net.or.jp