名所 旧跡  延沢銀山遺跡

尾花沢市のルーツを探る
尾花沢市の発展は、戦国時代に延沢氏という士族がこの地方を支配したことに始まります。
現在は温泉地となっている銀山とも関連が深く、往時を偲ばせる史跡が残されています。

名所 旧跡  延沢銀山遺跡
■ 銀鉱洞
尾花沢の銀山は、康正2年(1456年)に金沢の儀賀市郎左衛門という人が発見したという言い伝えがあり、最盛期には島根の石見、兵庫の生野とともに三大銀山と呼ばれ、2万5千人の人々がいました。しかしその後は銀の量も減り、元禄2年(1689年)には大崩落が起きて廃山になりましたが、その後は温泉湯治場として脚光をあびるようになりました。現在国指定史跡となった銀鉱洞跡は、浴衣姿で坑内を一巡できる、全国でも珍しい所です。
銀山温泉の詳細はこちら
■ 延沢城跡
延沢城は別名霧山城とも呼ばれる国指定史跡で、標高297mの丘陵の上にあった連郭式の山城です。天文19年(1550年)に築かれ、代々延沢氏の居城となっていましたが、元和8年(1622年)、仕えていた最上家とりつぶしの際に幕府に没収され、その後荒廃して破却されました。
今でも当時の地形が残され、本丸跡には県指定天然記念物の大杉があります。
[そのほか尾花沢の文化財]
尾花沢市商工観光課 〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目1番3号
TEL 0237-22-1111   FAX 0237-22-3222
e-mail : shoko@city.obanazawa.yamagata.jp
尾花沢市観光物産協会 〒999-4292 山形県尾花沢市上町6丁目1-61パレットスクエア内
TEL 0237-23-4567   FAX 0237-23-4568
e-mail : obane-kank@ic-net.or.jp