尾花沢の文化 歴史

 
[尾花沢雅楽/尾花沢まつり囃子]
尾花沢市の歴史を伝える無形文化財を紹介。
 
■ 尾花沢雅楽
市の無形文化財に指定されている尾花沢雅楽。京都より最上川舟運により運ばれた「宮廷の風雅」。念通寺報恩講や諏訪神社歳旦祭で毎年演奏されています。  
 
 
■ 尾花沢まつり囃子
花笠まつりの初日(毎年8月27日)は諏訪神社祭。その祭り囃子は優雅な宮廷の流れをくむ「おげんけい・やえん・すころ」の組曲。市の無形文化財。尾花沢の鎮守諏訪神社の還宮式を祝う催物のひとつとして奉納されたといわれています。  
   
 
 
尾花沢市商工観光課 〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目1番3号
TEL 0237-22-1111   FAX 0237-22-3222
e-mail : shoko@city.obanazawa.yamagata.jp
   
尾花沢市観光物産協会 〒999-4292 山形県尾花沢市上町6丁目1-16パレットスクエア内
TEL 0237-23-4567   FAX 0237-23-4568
e-mail : obane-kank@ic-net.or.jp