能を舞う

4月20日、『能舞の夕べin名木沢』が名木沢小学校体育館で開催されました。

能を舞う

 4月20日、『能舞の夕べin名木沢』が名木沢小学校体育館で開催されました。当日の観客300名のうち初めて“能”を体験するという人が大勢いたこともあり、能の歴史、舞に使用される能面や衣装の説明もされました。
 実演ではシテ(主人公)を榎本健さん(新町)が猩々として務め、舞台面をすべるように歩む、足の運びの美しさで観客を大いに魅了しました。最初は『難しい、わからない』と首をかしげた子供たちでしたが、優雅に舞う“能舞”を目にして伝統芸能の美意識を感じとったようでした。【4月20日:名木沢小学校 能舞の夕べin名木沢】