老朽消火器の使用危険と廃棄について

身近にある消火器を確認してみましょう。

近年、古くなった消火器を使用、または廃棄しようと分解したところ、消火器が破裂し受傷する事故が発生しています。
 事故防止のため、変形や腐食がある消火器の使用は絶対にしないでください。
○このような消火器は危険ですので、すみやかに廃棄処分をして下さい。
老朽消火器の使用危険と廃棄について


○消火器の適正管理について

● 風雨、高温、多湿、潮風などにさらされる所に置いていませんか。
● 誰もが見やすく、容易に取り出せる場所に置いてありますか。


○消火器の廃棄方法
● 古くなった消火器を廃棄する際は、お近くのホームセンターや専門業者にご相談ください。
※消防署では消火器の販売や回収(引き取り)は行っていません。

消火器の処分に関する問い合わせ先
株式会社 消火器リサイクル推進センター(一般社団法人日本消火器工業会代理)
TEL 03-5829-6773
受付時間 9:00~17:00/土日祝休日および12:00~13:00を除く
ホームページ 消火器リサイクル推進センター(消火器リサイクル窓口検索)

このページに関するお問い合わせ

消防本部 総務課
〒999-4224 山形県尾花沢市新町四丁目5番1号
電話:0237-22-1131(代表) ファクス:0237-22-1132(代表FAX番号)