ニュース特急便 2010年10月 (6)

ニュース特急便 2010年10月 (6)

住みよい地域にしたい

玉野地区行政懇話会

 1028日、玉野地区の区長さんや各団体の代表者が一堂に会し「玉野地区行政懇話会」が玉野地区公民館で開催されました。行政側には加藤市長、加賀県議会議員、大類市議会議員をはじめ市各課長が出席し、ご意見やご要望をお聴きしました。国も地方も財政は厳しい状況ではありますが、限られた予算の中で住みよいまちづくりを進めていかなければなりません。すぐには実現できない課題も、さまざまなアイデアを出し合うことで解決への糸口が見つかるかも知れません。市ではこのような市長が皆さんのご意見をお聴きする「市政座談会」や「元気な尾花沢を語る会」を随時募集しております。

 

 


ニュース特急便 2010年10月 (6)

自然の恵み いただきます

 おいしいきのこを食べよう!

1027日、ときわ保育園で地産地消の推進と食育を目的として「きのこの学習会」を行いました。常盤地区は、きのこや山菜など市内でも有名な山の幸の宝庫です。今回は、知っているようで知らないきのこの魅力をもっと知ってもらおうと、地区内の「清流と山菜の里ほその村」の五十嵐幸一さんご夫婦より丹精込めて育てた原木なめこを提供していただきました。学習会ではその原木を使って収穫体験が行われ、園児たちは、「プニプニしてるー」「こんなに大きいー」などと言いながら、夢中になっていました。

その後、給食の時間に採りたてのなめこ汁が用意され、みんなでいただきました。とってもおいしい、大満足の学習会でした。

 

 

 


ニュース特急便 2010年10月 (6)

元気な尾花沢を創る

まちづくり委員会最終報告

 尾花沢市まちづくり委員会の最終報告がまとまり、1027日、五十嵐幸一会長より加藤市長に報告書が手渡されました。6部会からなるまちづくり委員会は公募者や各団体の代表者等から総勢47人が議論を重ねてきました。

 この報告書は、まちづくりアンケートや地区別座談会の意見とともに今後10年間のまちづくりの指針となる第6次総合振興計画に反映されます。

 


ニュース特急便 2010年10月 (6)

モンテディオ山形

「尾花沢市応援デー」

1023日は、モンテディオ山形の尾花沢市応援デー。通常価格の半額の料金(高校生以下は無料)で観戦できました。絶好の晴天に恵まれた中、市の応援バス2台に乗り、天童市にあるNDソフトスタジアム山形へモンテ応援歌をながしながら士気を高めていきました。

会場を埋めつくしたモンテ応援団。タオルを振って皆一丸となり、ハーフタイムには尾花沢市の横断幕を掲げ大きな声援を送りました。それに応えようとする選手たちでしたが、結果は0-3清水エスパルスの勝利。しかし、試合終了後、最後まで戦った選手たちに温かい声援を送っていました。

 

 


ニュース特急便 2010年10月 (6)

We Serve(われわれは奉仕する)

ライオンズクラブ認証40周年記念式典

 尾花沢ライオンズクラブが誕生し40年を迎えたことから、1024日、記念式典がサルナートで行われました。ライオンズクラブは世界最大の奉仕活動団体で、We Serve(われわれは奉仕する)を合言葉に地域貢献をはじめ様々な分野で活動されています。今年は尾花沢中学校にバッティングマシーンを寄贈したほか、福祉講演会、ダンス・踊りのフェスティバルin尾花沢を主催するなど精力的な活動を展開しています。また、117日にはスポーツ少年団の柔道大会が予定され、県内外から多く子どもたちが出場します。

 市ではこうした活動に感謝の意を込め、本式典にて感謝状を贈らせていただきました。今後の益々のご活躍をご期待いたします。

 

 


閲覧回数4,353回