豪雪対策本部が設置されました

  尾花沢市では、1月11日午前8時現在の平均積雪深が135cmとなったことから、同日午前9時に「豪雪対策連絡会議」を開催し、同時刻に、同会議を「豪雪対策本部」に切り替えました。
 副市長を本部長とし、市民生活を守るため、被害情報の把握や道路の除排雪点検、要援護者への対応、注意喚起の広報の実施等を行ってまいります。
 また、当分の間、休日は職員の常駐体制とするほか、平日は豪雪パトロール隊を出動し雪害防止に努めてまいります。

 



積雪情報はこちらから
(積雪量、降雪量、地区別状況)
雪に関するお問合わせ先一覧はこちらから

アメダス(地域気象観測システム)※外部リンク(気象庁)


 

 

雪による事故をなくそう!!

現在、雪による事故が多く発生しています。次のことに注意し、雪による事故をなくしましょう。

 

1.除 雪

○屋根の雪下ろしは早めに行い、ハシゴを固定し、命綱をつけるなどにより転落を防止するととも に、なるべく複数で行いましょう。また、電線や電話線の切断にもご注意ください。

もし誤って滑った場合でも、転落を防いでくれるのが命綱です。

転落事故例も、命綱をつけていなかったため転落した人がほとんどです。


○流雪溝の使用は規則を守り、水上がりにならないようにご協力ください。

グレーチングの開閉は、十分注意してください。

中ブタは、危険防止と水上がり防止のため、絶対開けたり、外したりしないでください。

○除雪機の回転部分には近寄らないこと。雪が詰まったときはエンジンを確実に切り、

ローター停止を確認してから雪を除いてください。

2.子どもの安全確保

○子どもには、通園・通学時の転倒や車のスリップ事故に注意し、屋根の落雪の恐れのあるところ、側溝など危険な個所に近づかないようにご指導ください。

○通学路の安全確保について、地域でご協力ください。

 
3.農業被害防止

○ハウスの倒壊やパイプの損傷に注意してください。

○一度融けかかり凍った固まりを落として下さい。またパイプの肩まで積もった場合、パイプ周りの雪を踏み固め、融けても急激に引っ張られない工夫などをしてください。

4.火災予防

○ストーブの上や近くに洗濯物や燃えやすいものを置かない。

○万一の火災に備え、避難口を2ヶ所以上確保しておくこと。

○住宅用火災警報器を設置し、逃げ遅れをなくしましょう。
○雪下ろしによりLPガス設備に損傷を与えないよう注意する。


5.水道管凍結防止

○気温がマイナス4℃以下になると、水道管が凍り破裂することがあります。早めの凍結防止対策をお願いします。
○水道管が破裂してしまったら、破裂した部分にテープをしっかり巻き付け、応急処置をしてから尾花沢市指定の水道工事店に連絡して修理をしてください。

6.その他
○雪の重みで垂れ下がった電線に感電しないよう注意しましょう。

 

 


問合せ:尾花沢市豪雪対策本部事務局
     総務課 TEL 22-1111

閲覧回数2,437回