お雛様 あれこれ

親しみ深いお雛様。でも、案外わからないことも・・・。

お雛様 あれこれ
お雛様 あれこれ

 



 3月3日は祝日ではないのに、5月5日は祝日になっています。男の子のまつりは祝日なのに、女の子のまつりは祝日でないのは、「不公平」な気がしませんか?しかしこれには、理由があります。
 もともと、桃の節句も、端午の節句も、五節句の一つとして、江戸時代には祝日となっていたとされています。これが明治になって、新暦が導入され、五節句を祝日としなくなりました。しかし、男の子のまつりも、女の子のまつりも、習慣としては、生き続けました。その一方、「国民の祝日」は「皇室の祝日」としての色合いを強めていきました。
 第二次世界大戦後、新たに祝日を制定しようという動きがおこりました。その中で、かつて祝日であった五節句も、その候補としてあがりました。5月5日のほか、3月3日や、4月1日を祝日にしようという意見もありましたが、季節的なことを考慮にいれて、5月5日を祝日とすることになりました。
 ただし、5月5日は「端午の節句」として祝日になったのではありません。祝日を定めている「国民の祝日に関する法律」では、5月5日を、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日としています。つまり、5月5日の祝日は、男の子女の子両方のための「こどもの日」として祝日になっているのです。

お雛様 あれこれ
お雛様 あれこれ





 昔の日本では、向かって右に男雛、左に女雛を並べました。この並び方は、「陰陽説」の考え方によるものとされています。
 現在でも、京都を中心にして、関西地方では、右に男雛、左に女雛という並びが主流です。
 ほかの地域では、向かって左に男雛、右に女雛という地域が多くなっています。
 これは、昭和初期頃から、東京を中心に広まったと言われています。
 理由については、東京の雛人形業界が、昭和天皇の即位の礼の時の並びにならったなどの言われていますが、諸説あり、はっきりとわかっていないようです。