ひなまつりの歴史

雛人形とひな祭り
ひなまつりの歴史

 ひなまつりの起源をたどると、平安時代頃までさかのぼると考えられています。
 三月の初めの巳の日を、上巳(じょうし)の節句として、無病息災を願う行事をおこなっていました。天地の神に祈りをささげ、季節の食物をお供えしたり、人形(ひとがた)に自分たちの厄を移して海や川に流したりしていました。
 また、その頃、上流階級の子女の間で、「ひいな遊び」というものがおこなわれていました。今で言うところの「ままごと遊び」のようなものです。しかし、まだこの頃には、「上巳の節句」と「ひいな遊び」は結びついたものではなかったと考えられています。


ひなまつりの歴史

 その後、戦乱の時代を経て、江戸時代を迎え、世の中が比較的落ち着いた時代になって、人形遊びと節句が結びつきました。宮中でひなまつりがおこなわれることとなり、寛永6年(1629)には、京都御所で盛大なひなまつりが開催されています。この頃から、幕府の大奥でもひなまつりをおこなうようになり、やがてその風習が庶民へとひろがっていきました。
 江戸時代も中ごろになると、段飾りが登場し、内裏雛だけではなく、三人官女などの雛人形も増えていきました。3月3日が近くなると、各地にひな市が立ち並ぶようになり、雛人形の顔かたちにも、様々な流行が表れるようになりました。


 明治時代になると、旧来の節句行事を廃止し、新たな祝日を制定したことで、ひなまつりも一時衰えましたが、すでに庶民に根付いた行事となっていたことから、しばらくすると再び活気をとりもどし、今に至っています。
 女の子のおまつりとして定着したひなまつりですが、長い歴史の中で、様々な変遷をたどっており、ひな人形についても、多種多様なものが現代に伝わっています。
ひなまつりの歴史