平成24年3月

«岩沼市追悼式»
と き:3月11日
ところ:岩沼市民会館
東日本大震災の発生からちょうど1年が経過した3月11日、岩沼市の追悼式に出席してまいりました。196人の尊い命が奪われ、また、住居等の被害も5千棟を超え、甚大な被害に見舞われました。岩沼市では、復興計画となる千年希望の丘」プロジェクトをいち早く策定し、まちづくりに市民総力で取り組んでおられます。本市においても、出来る限りの支援をすべく、お誓いしてまいりました。
また、私たちは、この震災での教訓を後世に語り継いでいく責務があります。本市でも、大雪や豪雨、大地震など様々な自然災害に見舞われています。今を生きる私たちの果たすべき役割をしっかり見定め、官民一体となって防災・減災に向け取り組み、安全・安心なまちづくりに努めてまいります。

平成24年3月

«宮沢中学校閉校式»
と き:3月20日
ところ:宮沢中学校

全校生徒44名や卒業生・地域住民の方々など約300名が参列のもと、宮沢中学校閉校式が行われました。昭和26年に明徳中学校と高橋中学校が合併して創設され、4月から尾花沢中学校と統合することにより、長い歴史に幕を下ろしました。その間、4,730名の生徒が巣立った宮沢中学校。学び舎が閉校してしまうことは残念ですが、皆さんの心の中に生き続けることでしょう。宮沢・尾花沢両地区の歴史を尊重しあいながら、皆さんで新生尾花沢中学校の歴史を築いてください。

平成24年3月