ニュース特急便 2013年11月 (5)

ニュース特急便 2013年11月 (5)

加藤元昭さん(丹生2)
平成25年度 山形県ベストアグリ賞受賞

 県内で先進的な農業に取り組む農業者に贈られる「山形県ベストアグリ賞」に、本市の加藤元昭氏(丹生2)が選ばれ、11月21日、山形市の文翔館で吉村山形県知事から表彰を受けました。
 加藤氏は平成13年冬からこまつなの施設栽培を始め、平成21年に経営を個別法人化。現在12.5aの施設で栽培をしています。無農薬、無化学肥料で栽培されたこまつなは評判が高く、豪雪地帯での周年農業化を実現しています。
 同日市長を訪問した加藤氏は、「この受賞が、地域の起爆剤になれたら嬉しい」と喜びを語りました。

 

 

 



ニュース特急便 2013年11月 (5)

荻袋の子よ我ら
荻袋小学校 閉校式典

 少子化などの社会的状況により、福原地区の名木沢、福原中部、寺内、荻袋の小学校4校は今年度いっぱいで閉校し、統合となります。
 来年4月からは寺内小学校の校舎を使い「福原小学校」として新たに開校することになっており、10月27日の寺内小学校を皮切りに、これまで毎週日曜日閉校記念式典が行われてきました。

 4校の最後を飾る荻袋小学校の閉校記念式典が、11月17日開催されました。式典には教職員や児童のほか、かつて勤務した職員や卒業生、地区民など、あわせて約200人が集まりました。
 小学校の起源は明治14年。地区内宝鏡院に「尾花澤支校荻袋分校」が開設されたのをきっかけとして、明治20年に荻袋小学校が開設されました。以降126年間、時代に沿い、地区の人たちに支えられながら、初等教育を担ってきました。
 閉校記念事業実行委員会の矢作清次郎会長(荻袋2)は、自身の子育ての思い出に触れ『バザーや運動会で、親子の絆を深めたものです。新たにスタートを切る児童の皆さんは、本校で培った精神で飛躍していただきたい』とあいさつしました。また、長谷川義隆校長は「閉校の今年は、児童一人ひとりが達成目標を立てて頑張ってきました。荻袋小学校で努力したことは、きっと新しい学校でも活かされます」と、児童たちにエールを送りました。
 式典終了後には全校児童による発表が披露され、1、2年生は荻袋小学校の自慢について、3、4年生は学校の歴史について、5、6年生はありがとう荻袋小学校と題して、それぞれに気持ちのこもった大きな声で発表をしました。また最後には、児童たちと式典に出席した全員とで一緒に校歌を歌うサプライズもあり、出席者の中には感極まり涙する方も見受けられました。

 

 

 


ニュース特急便 2013年11月 (5)

尾花沢愛唱会 寄付

 11月18日、尾花沢愛唱会髙橋美智男会長(寺町)が市役所を訪れ、加藤市長に寄付金を手渡しました。
 寄付金は同会がサルナートコンベンションホールで10月20日に開催した、チャリティーコンサートの収益金です。同支部では毎年チャリティーコンサートを開催しており、主に最上地方の歌謡曲愛好サークルと一緒に活動しています。
 愛好会では「ふるさと尾花沢のために、有効に使っていただきたい」と語っています。市ではあたたかい善意に感謝すると共に、目的に沿って活用してまいります。

 

 

 



ニュース特急便 2013年11月 (5)

児童と共に作り上げた劇
寺内小で3校合同観劇

 11月18日寺内小学校体育館で、劇団風の子による児童演劇「おさな星のうたたね」の公演があり、寺内小の全校児童のほか、名木沢小学校6年生、福原中部小学校5,6年生が観劇しました。福原地区の小学校閉校記念事業として行われたもので、次世代を担う子どもにプロの文化芸術を体験してもらうのが目的です。
 宇宙のどこかに浮かぶ「おさな星」で、「大きな手」と呼ばれる冬の魔人が人を襲い、星を凍らせていた。二人の子どもたちが立ち向かって行く、といったあらすじで、息もつかせない演技が続いていきます。児童たちはコミカルな動きに時折笑いながらも、迫真の演技に見入っていました。
 また劇中、児童たちが参加し劇団員と一緒に歌い踊るシーンもあり、共に作り上げた舞台は最高潮を迎えていました。

 

 

 


ニュース特急便 2013年11月 (5)

平成25年度 いきいきネットワーク推進事業
赤い羽根共同募金配分事業
ふれあい・いきいきサロン「なかよしお茶のみ会」開催

 尾花沢市は約3人に1人が65歳以上の高齢者となっており、安否確認や支援活動が大変重要になってきています。
 市の助成と赤い羽根共同募金の配分金を活用し、高齢者の交流・親睦の場としてのふれあい・いきいきサロン「なかよしお茶のみ会」が各地で開催されています。お互いに励まし合いたすけあいのできる地域づくり、福祉のまちづくりを目指して様々な催しが開催されていますので、お近くで開催された際には、お気軽においで下さい。

(尾花沢市社会福祉協議会)

 

 

 

 

(写真上)
六沢公民館 なかよしお茶のみ会
尾花沢市地域包括支援センターからのお話(平成25年10月2日開催)
 
(写真下)
安久戸公民館 なかよしお茶のみ会
「民謡・三味線・尺八のかかし」様による演奏と唄のボランティア(平成25年10月10日開催)

 

 

 


閲覧回数3,388回