ニュース特急便 2013年12月 (2)

ニュース特急便 2013年12月 (2)

交通死亡事故多発警報
尾花沢市で啓発活動

 11月28日から12月7日までの間に、県内で6件の交通死亡事故が発生しました。このため、12月7日から12月13日までの7日間、全県域に交通死亡事故多発警報が発令されています。
 本市でも12月10日、市内のスーパーで緊急の啓発活動が行われました。活動には加藤市長のほか、尾花沢警察署や交通安全協会などが参加し、買い物で賑わう夕方お客さんに夜光反射材やポケットティシューを配布し、交通事故の予防を呼びかけました。

 ※交通死亡事故に係る全県警報は、平成22年12月6日の発令以来、約3年ぶりの発令です。夕暮れが早く、また道路状況の悪くなる冬期間を迎え、特に以下の点にご注意ください。

① 運転するときは、心と時間に余裕を持ち、しっかり前を見て運転に集中しましょう。
② 車は、横断歩道のある場所では横断者の有無を確認し、横断者がいる場合は一旦停止して横断させましょう。
③ 前照灯のこまめな切り替えでハイビームを活用しましょう。
④ 歩行者は、明るい服装と夜光反射材を着用し、左右の安全を確かめながら道路をわたりましょう。
⑤ シートベルトは全席着用。また、チャイルドシートの使用を徹底しましょう。

 

 

 


ニュース特急便 2013年12月 (2)

故大類昭夫氏
従六位・旭日双光章を受章

 今年の10月にご逝去された故大類昭夫氏に、従六位、旭日双光章が贈られました。12月9日に加藤市長がご自宅を訪問し、遺影の前で叙位・叙勲をご家族にお渡ししました。
 大類氏は昭和50年、本市の大類歯科医院の事業を継承し、開業してから平成24年の閉院まで約50年間、市民の歯科診療と歯科保健事業の普及向上に努められました。他にも市内小中学校の学校歯科医や北村山地区歯科医師会会長を歴任されるなど、その
貢献は多大なものです。章を受けてご子息の晋さんは「感無量です。父の功績を引き継いでいきたいです」と述べられていました。改めて氏のこれまでのご功績に感謝申し上げます。

 

 


ニュース特急便 2013年12月 (2)

火の温もりでにっこり
ペレットストーブ導入

 これからの寒い冬に備え、市役所の市民ホールにペレットストーブが設置されました。
ペレットストーブとは、間伐材などを細かく粉砕し、圧縮をかけて小さな固まりにした燃料(木質ペレット)を使ったストーブのことで、再生可能な資源としてCO2削減に大きな効果が期待されています。これで手続きの待ち時間もあったか。ゆらゆら揺れる火の温もりが、気持ちを和ませてくれます。
なお、ペレットストーブを購入される際は、補助制度をご活用下さい。詳細は農林課まで。

 

 


ニュース特急便 2013年12月 (2)

新ALTにジェイコブ・ペーターソンさん

 尾花沢のALT(外国語指導助手)に新しくジェイコブ・ペーターソン(Jacob Peterson)さんが担当することになり、12月3日に市役所を訪れました。長身でハンサムなジェイコブ先生。来年3月までは、市内4校の中学校を担当します。

~ジェイコブ先生よりメッセージ~
I would like to introduce myself.  My name is Jacob Peterson.  I came here from Minnesota, in the United States, a few days ago.  Until last year, I lived in Miyagi Prefecture, and I liked living in Japan so much that I decided to come back.  So far, I have received kind welcomes from everyone I have met in Obanazawa. One of my favorite things to do is to go camping and to explore nature, so I am looking forward to experiencing all of the natural beauty of this area.  Also, please don’t worry about me this winter.  In Minnesota, we also get a lot of snow, so I am used to it.

自己紹介をさせていただきます。名前はジェイコブ・ペーターソンと申します。数日前にアメリカのミネソタから来ました。去年までは宮城県に住んでおり、日本での生活をとても気に入っていました。そのようなわけでまた(アメリカから日本に)来ることにしました。これまでは、尾花沢で出会うどの方からもあたたかい歓迎を受けています。私が好きなことの一つとして、キャンプに行き、自然探検をすることがあります。ですから、この地域にある自然美すべてに触れていくことが楽しみです。それから、この冬、私のことはどうぞ心配なさらないで下さい。ミネソタでもたくさん雪が降るので慣れています。

 

 


ニュース特急便 2013年12月 (2)

みんなのちからで広がる「善意の環」
尾花沢中学校で贈呈式

 市内の各小中学校では学校活動の一環として、様々な寄付活動を行っています。なかでも尾花沢中学校では毎年資源回収活動を行い、得られた収益を各団体へ寄付しています。その贈呈式が12月4日同中体育館で行われました。
 この日贈呈されたのは、車椅子1台とペットボトルのエコキャップ218.7㎏。車椅子の購入は校内のJRC(青少年赤十字)委員会が行ったもので、今年春から行ったアルミ缶の回収による収益を活用しました。長寿園園長の三浦孝子氏に手渡され、三浦氏は「大切に使わせていただきます。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。
 また、エコキャップの回収は保健委員会が中心となって実施し、今年は商店街にぎわいまつりや、まるだし尾花沢ふれあいまつりなどでも回収をすすめました。プラスティックのリサイクル原料として使用され、収益は発展途上国の子ども達のポリオワクチン接種費用に充てられます。贈呈を受けた㈱山形銀行尾花沢支店の伊藤雅之次長は「環境にもやさしく、ワクチン接種費用にもなるということで、皆さんは2種類の貢献をなさっておられます。今後も活動を応援していきます」とあいさつされました。

 

 

 


 

閲覧回数3,392回