ニュース特急便 2013年12月 (4)

ニュース特急便 2013年12月 (4)

宮沢翁塾「干支イルミネーション」点灯

 12月21日、宮沢翁塾が、宮沢小学校前の県道沿いに干支のイルミネーションを設置し、点灯式が行われました。地域が元気になるようにとの思いを込めて、18回目の作品です。
宮沢小学校の5、6年生から「午」の原画を募集したところ、最優秀賞に選ばれたのは、6年鈴木康平くん(正厳2)の作品です。翁塾の会員がその原画を拡大し、たくさんの電球を使ってイルミネーションに仕上げました。原画を描いた鈴木君がスイッチを入れると、夜空に力強く走り出す馬が浮かび上がりました。平成26年が飛躍の年になるのを表しているようです。毎日夜になると明るく点灯し、地域を見守ってくれているようです。
(宮沢地区公民館より)

 

 



ニュース特急便 2013年12月 (4)

健康づくり講演会
~慢性閉塞性肺疾患(COPD)について知ろう~

 12月7日、悠美館ハイビジョンホールにて、県立新庄病院の大竹修一先生をお招きし、慢性閉塞性肺疾患(以下COPD)についてお話いただきました。
COPDとは主に喫煙習慣により、肺の機能が低下し、酸素や二酸化炭素の交換を行う肺胞や気管支で炎症を起こす病気で、肺気腫や慢性気管支炎などがこれに含まれます。症状も咳や痰といった何気ないものから始まり、だんだんと進行すると息切れや疲労感など、日常生活に影響がでてきます。この病気の予防には禁煙が一番!禁煙は吸っている本人だけでなく、周囲の人が知らずに煙を吸ってしまう受動喫煙を減らすことが出来るので、自分のため、周りの人のためにも大切なことです。参加された多くの人からタバコの害についてよくわかったとの感想が聞かれました。「禁煙し、きれいな空気でおもてなし」を合言葉にCOPDを防ぎましょう。
(健康福祉課より)

 

 


ニュース特急便 2013年12月 (4)

寒さに負けない!
第41回 市民総体ソフトバレー競技大会

 12月22日、市民総体ソフトバレーボール競技大会がサルナートで行われました。41回目となる今年は、社会人のみではなく、新しく誰でも参加できる「ビギナー部門」が設けられ、合計で14チーム、100人が参加しました。ゲームになるとチームみんなで声を掛け合い、アタックへと繋ぎます。参加者も観客も釘付けとなる白熱した試合が繰り広げられました。

 

 



ニュース特急便 2013年12月 (4)

尾花沢少年少女合唱団
特別養護施設「おばなざわ」慰問

 12月21日に尾花沢少年少女合唱団が特別養護施設「おばなざわ」を訪れ、歌声を披露しました。訪れたのは合唱団メンバーの12人。入所しているお年寄りにクリスマスプレゼントを贈ろうと、初めて訪問しました。「汽車ポッポ」や「青空にむかって」、さらにハンドベルを使ったクリスマス特別バージョンの「きよしこの夜」など7曲を披露しました。可愛いサンタからのプレゼントを入所している人たちは目を細めていました。

 

 



ニュース特急便 2013年12月 (4)

めざせ「一番いい色のメダル」
ソチパラリンピック出場 太田渉子さん激励会

 来年3月開催のソチパラリンピックに出場される、本市出身の太田渉子さんの激励会が12月23日サルナートで行われ、関係者を含む市民ら130名が集まりました。
 会は市や太田渉子を励ます会が主催し、加藤市長らのあいさつの後、激励金の目録や、県内産のつや姫100キロなどが贈呈されました。また、子ども達から花束が贈られると、太田さんは満面の笑顔で応えていました。
 太田選手は「3回目となるパラリンピックは大きな大会で、世界中から注目されている。頂点を目指し、結果を残したい」と決意を述べました。

※太田選手は今回、日本選手団の旗手を務めることが決定しております。日本の顔となる太田選手。みんなで応援していきましょう。

 

 

 


閲覧回数2,290回