まちづくり

 江戸時代の俳人 松尾芭蕉は「おくのほそ道」の道中、尾花沢の友人 鈴木清風のもてなしを受け、ここに10泊も逗留しました。おもてなしの心を大切にする尾花沢には、雪深い中にもあたたかい暮らしがあります。 

本市では「地域おこし協力隊」の受け入れ事業に取り組んでおります!

「地域おこし協力隊」とは、高齢化や人口の減少が課題となっている地方において、都市地域の若者を積極的に受け入れ地域協力活動を行ってもらい、その定住を図ることで地域の活性化を目指す事業です。