ふるさと尾花沢応援基金(ふるさと納税)ページへようこそ

ふるさと尾花沢応援基金(ふるさと納税)ページへようこそ

連休中(4月27日~5月6日)の対応について
◆ご寄附は受け付けいたしております。
◆4月26日~5月6日頃に寄附された方については、返礼品のお届けにお時間をいただく場合があります。


◆寄附額が変更となりました(平成31年4月1日)◆


 原価見直しや地方税法等の改正に伴い、平成31年4月1日以降の受付及び入金完了分から寄附額を変更しております。なお、媒体別の掲載状況は以下の通りです。

◆インターネット上に掲載されている寄附額 … 新寄附額で表示しています。

◆パンフレットに掲載されている寄附額 … 新たなパンフレットが刷り上がるまでは、寄附額改定表をご覧いただき、新しい寄附額でお申込み・ご入金をお願いいたします。

寄附額改定表はこちら

ふるさと納税 返礼品の寄付額改定のお知らせ

 春遠からじと心うれしく、皆様にふるさと納税にてご寄付を賜り、市政運営にご協力いただき衷心より感謝申し上げます。

 さて、ふるさと納税を取り巻く状況については、4月の税制改正に伴い、返礼品に係る返礼率を3割以内にすることや地場産品に限ることなど、これまでの国の指導が強化され、遵守できなければ寄附者控除が受けられなくなる事態となります。

 本市では返礼品の多くがスイカや肉、米といった地場産の農産物であり、農家や仲介事業者であるJAや観光物産協会の協力を得ながら、できうる限り価格を維持してまいりました。しかしながら今回の改正を受け、4月1日より新たな寄附額にせざるを得なく、ご理解を頂きますとともに今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成31年2月1日 尾花沢市長 菅根 光雄



ふるさと納税ポータルサイトはこちらから
魅力いっぱいの尾花沢の返礼品を、ぜひご覧ください!
ふるさとチョイス

さとふる



夢かがやき 絆でむすぶ 元気創造のまち 尾花沢
・・・ふるさと尾花沢応援基金へのご寄付をお願いします・・・

 尾花沢市は、日本三雪に数えられる全国でも有数の豪雪地帯です。また、特産の「尾花沢すいか」は、夏スイカとしては日本一の生産量を誇ります。市の中心に位置し、大正年間に灌漑用水湖として築堤された徳良湖は、日本を代表する民謡「花笠音頭」の発祥地となっています。

 本市には、食や文化、観光において全国の方々にお勧めしたいものが数多く揃っています。先人たちが作り上げたこれらの逸品を全国の皆様に知っていただくとともに、豊かな自然の中で暮らす市民の笑顔をいつまでも育むために、このたび「雪とスイカと花笠のまち ふるさと尾花沢応援基金」を創設いたしました。

 この趣旨に賛同していただける方々からご寄付を賜り、その財源をもとに、本市が将来像として掲げる「夢かがやき 絆でむすぶ 元気創造のまち 尾花沢」を実現してまいります。また、本市の返礼品を通じて、全国の皆様に喜んでいただくとともに、積極的にまちのPRを図ってまいります。

 魅力あるまちづくりのために、温かいご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

   

(写真左上より右へ:尾花沢すいか、雪降り和牛尾花沢、銀山温泉、尾花沢産米、尾花沢産そば原種「最上早生」、おばなざわ花笠まつり、雪に親しむ子


ふるさと尾花沢応援基金(ふるさと納税)のご寄附をいただいた方に感謝の気持ちをこめて、尾花沢の特産品をお届けいたします。
 いずれも尾花沢を代表する品々です。ぜひご堪能ください。

※ご寄附の申込みは、年内何回でもご利用いただけます。
※特産品のお届けは市外の方に限ります。

尾花沢市では、「雪とスイカと花笠のまち尾花沢」をキャッチフレーズに、「自然」「産業」「文化」「定住」「活力」の5つのテーマを軸として、自然の恵みを活かし、市民との協働による魅力あるまちづくりをすすめています。
「ふるさと納税」としていただいたご寄附は、ふるさと尾花沢の未来に向けて、8つの事業の中から寄附者が指定された使いみちに沿って有効に活用します。

「雪とスイカと花笠のまち」ふるさと尾花沢応援基金の活用と寄付状況をお知らせします。