子ども・子育て支援新制度について

平成24年8月、日本の子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、「子ども・子育て支援法」という法律ができました。この法律と関連する法律に基づく「子ども・子育て支援新制度」が、平成27年4月にスタートする予定です。市民の皆様に、新制度に関する情報を随時更新してお知らせしていきます。

1.新制度創設の目的



  子ども・子育て支援新制度は、急速な少子化の進行や、家庭および地域を取り巻く環境の変化に適切に対応するため、すべての子ども・子育て家庭を対象に、幼児教育、保育、地域の子ども・子育て支援の質や量の拡充を図ることを目的として新たに創設されたもので、平成27年4月からの本格的なスタートを予定しています。
 具体的には、幼児教育・保育を一元的に推進するため、教育と保育の両方の機能を併せ持つ「認定こども園」の認定や、それぞれに行われていた幼稚園、保育所等の財政支援の仕組みが共通の制度として一本化され、さらには、地域の子ども・子育て支援策の充実などを図ることについて、市が主体となって実施するものです。


 2.新制度の枠組み 


 新制度では、幼稚園(※)、保育所、認定こども園が「施設型給付」、家庭的保育や小規模保育などは「地域型保育給付」として、市が利用者負担や実費分を除いた費用を負担するほか、地域の子ども・子育て家庭を支援するための妊婦健診や、放課後児童クラブなどの「地域子ども・子育て支援事業」も同じように新制度の枠組みになります。
※私立幼稚園は、新制度の枠組みに入るかを選択することが可能であり、入らない場合は、現在の手続きなどに変更はありません。
閲覧回数4,269回
本市では、市民の皆様の子育ての状況やニーズを把握し、子育て中の方、有識者の方などのご意見をお聞きしながら、尾花沢市子ども子育て支援事業計画の策定に取り組み、新制度移行に向け準備を進めております。