★・第 40回 尾花沢林間学校・★

2015年8月12日
ようこそ”雪”と”すいか”と”花笠”のまちへ

尾花沢林間学校は、地域の方々のご協力とボランティアの方々のご協力のおかげで40回を迎えることができました。
7月24日(金)~26日(日)まで東京都板橋区桜川地区の小学5年生~中学2年生までの子供39名・大人12名が2泊3日で尾花沢の大自然を満喫しました。
★・第 40回 尾花沢林間学校・★
1日目 

 尾花沢に到着!今まで晴れの日が続いていたのに、あいにくの雨、泣き顔福原地区の田んぼアートを見学後は、スイカ選果場で、最盛期の尾花沢スイカが出荷されるまでの行程を、農協の方に説明をして頂きながら見学、大量のスイカがラインの上に搬入されている光景に、目をまん丸にしながら驚いていました。
 見学後、雨のため頂いたスイカは、場所を徳良湖基幹集落センターの1階で食べ、開校式前に、40周年を記念してひとりひとりのメッセージを大判用紙に書き「何書こうかな~」などと話しながら、これから尾花沢林間学校で楽しみたいこと、やりたいことを書きました。
 開校式では、桜川地区の代表児童より「よろしくお願いします」と元気なあいさつが行われました。夕食は、尾花沢で採れた新鮮な野菜で作ったカレー、六沢大根のサラダをお腹いっぱい食べ花笠の湯で疲れを癒し、明日の沢下りに備えました。お風呂上りに明日のキャンプファイヤーで行うダンスの練習と花笠踊りを練習し、布団に入りました。
1日目
★・第 40回 尾花沢林間学校・★
2日目

 朝起きて早朝ラジオ体操を行い、
前日から降り続けた雨は止まず小雨渋面沢下りは無理かと思われましたが、みんなの願いが通じたのか、みるみると空が明るくなってきました笑い
 朝食は、お母さん方が朝早く来て、尾花沢の新鮮な野菜を使ったサラダや、特産の尾花沢牛肉じゃがなど14種類のおかずを作ってくれました。子供たちは「わ~美味しいそう!」「お腹すいた~」と言いながら、沢下りに備え、バイキング形式で盛々食べました。
 食べ終わり、「ありがとうございます」「美味しかった」など感謝の気持ちを伝え、御所山に向かう準備をしました。
 いよいよ林間学校一番のメイン!沢下りです。常盤小21名、鶴子小12名の5、6年生の子供たちとの交流へ出発ですウィンク
2日目
★・第 40回 尾花沢林間学校・★

 御所山へ、バスで移動し御所山荘に着くと、「沢下り10の心得」を五十嵐会長がきっちり説明し、けがのないように笹原進副会長の指揮官の元、総勢120名で沢下りに出発しました。
 途中、友達同士励まし合い、助け合いながら渡り切った時の達成感、感動泣き顔はひときわ大きく自信へとつながりました。沢水の中に思いっきり岩場から飛び込んだり、泳いだり、滑ったりと大自然を存分に体験しました。
2日目(3)

2日目(4)

 御所山荘に着くと、「ただいま~!」と元気な声で、けがもなく無事に帰ってきた時の笑顔、達成感はかけがえのない宝物になったことでしょう。ウィンク
 続いて、いわな捕まえです。自分で獲ったいわなを串に刺してもらい炭火で焼いてもらい食べ、じっくり焼き上げたいわなに夢中でかぶりついて食べていました。
 最後の野外夕食は、各班に分かれて焼そば作りです。準備では、沢下りに同伴しない鶴子小のお母さん方が手伝って下さり心強い助っ人となりました。いざ作るぞという時に、火力が弱くなり、火起こしから頑張った班もありましたが、ベストの火加減になった所で調理開始!出来あがった焼そばを食べ板橋の子供たちと交流しました。
 すっかり仲良くなった所で、帰りの時間が近づき、桜川の子供たちの手アーチの中をくぐりお別れです。「またね!」「東京で会おう」などと言いながらしばしのお別れとなりました。
 常盤地区の子供たちとお別れした後は、川沿いにドラムカン風呂を設置し、自然の中でワイルドにお風呂に入りました。途中、湯加減が熱くなると川の水を足しながら「気持ちい~」と言いながら入りました笑い
 入浴後は、キャンプファイヤーで板橋と尾花沢の40周年を記念し友情の火が灯され、子供たちからは、「ソーラン節」の踊りのプレゼントがあり、迫力のある踊りにスタッフ全員が感動しました。満天の星空の元、花火を楽しみ1日の疲れを布団に入り、ぐっすり眠りにつきました笑顔

2日目(5)

3日目
3日目

最終日の早朝、ラジオ体操・片付けをして御所山荘で朝食を頂き、閉校式です。
 代表の女の子が、3日間通しての感想、感謝の気持ちを伝えてくれました。最後に、「ソーラン節」を来賓の前で子供たちは、元気に踊ってくれました。
 尾花沢林間学校で、3日間共に過ごした尾花沢のスタッフ達一人ひとりと握手を交わし、目を潤める場面泣き顔もありましたが、また会える事を楽しみにお別れをしました。

子供林間学校受け入れ協力スタッフ、お手伝い頂いた

会 長 五十嵐 仲一
副会長 笹原 進 
顧 問 有路 真澄
草刈恵子・五十嵐節子・笹原利子・五十嵐外美・秋保君江・工藤ひかり・有路知明・古瀬美和子
秋保のえこ・豊島みゆき・三宅房子・豊島伯子・五十嵐育子・有路治子・豊島幸一・田村和雄
古瀬正則・五十嵐満徳・五十嵐恒夫・五十嵐憲雄・斉藤正光・五十嵐幸一・
沼沢修・秋保竹男
三宅勝美・有路トシ子・田村より子・鈴木牧子・五十嵐真由美・
鶴子小保護者・常盤小保護者

 花~尾花沢林間学校は40回を迎えるまでには色々な試行錯誤があり、地域の方々とボランティアの方々のご協力のおかげで40回を迎えることができました。次回は、半世紀への第1歩がはじまります。
 これまで携わって来られた地域の皆様、ボランティアの方々のご協力に感謝し、今後ともよろしくお願い致します~花


人に感謝 ハート 出会いに感動

                     尾花沢林間学校受け入れ実行委員会 
                                          会長 五十嵐 仲一

閲覧回数3,558回

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 社会教育課
〒999-4225 山形県尾花沢市若葉町一丁目8番25号
電話:0237-22-1111(代表) ファクス:0237-24-0093(代表FAX番号)