尾花沢市ふるさと暮らし応援事業(尾花沢へ定住される方への助成)

①住宅の新築や宅地取得への助成

(1)市内に住宅を新築する場合(建て替えを含む)

市内に住宅を新築又は建売住宅を購入する場合、取得価格の10%で上限100万円を助成します。市内建設業者と契約した場合は30万円子育て世帯等の場合は20万円を加算して助成します。平成29年4月1日以降に工事契約をした方が対象となります。(例1)

(2)市内在住者が新築に伴い宅地を取得した場合

(1)の助成と合わせて、宅地取得価格の10%で上限50万円を助成します。(例2)

(3)市外から転入した子育て世帯等が新築に伴い宅地を取得した場合

(1)の助成と合わせて、宅地取得価格の20%で上限150万円を助成します。(例3)

(4)市内の中古住宅(宅地を含む)を取得した場合

取得価格の10%で上限100万円(転入した子育て世帯等の場合は取得価格の20%で上限200万円)を助成します。(例4)

※子育て世帯等:中学生までの子どもがいる世帯、又は婚姻後3年以内の世帯

★申請に必要な書類(ダウンロード)

住宅を新築する場合

宅地等を取得する場

1回目の申請
申込書
同意書

申請書

同意書
(住宅新築で提出の場合は不要)

2回目の申請(新築住宅に転居後)
申請書

尾花沢市ふるさと暮らし応援事業(尾花沢へ定住される方への助成)
尾花沢市ふるさと暮らし応援事業(尾花沢へ定住される方への助成)

案内のダウンロードはこちら


②民間賃貸住宅等家賃助成事業

 

市内の民間アパート等(空き家を含む)に入居した若者世帯・移住世帯への助成 

助成要件

助成内容

次の①と②のいずれかに該当する方

①婚姻届を提出してから1年以内で、かつ、世帯員全員が40歳未満の世帯(若者世帯)

②転入後1年以内の世帯(移住世帯)

※市営、県営等の公的賃貸住宅や社宅、寮等の事業主から貸与されている住宅、また、3親等以内の親族が所有する住宅や賃貸住宅は対象外となります。

※転勤等による長期滞在は、対象外となります。

家賃月額(住宅手当等を差し引く)の20%以内2万円を限度



◎最長で36ヶ月の助成が受けられます。

◎助成金は、申請書提出後、家賃支払の書類等を確認し、4月~9月分(前期)と10月~3月分(後期)ごとに交付されます。

◎前期分、後期分の途中で転出する場合等は、助成を受けることができません。

 

申請書類

以下の書類をご準備の上、定住応援課まで申請ください。

①民間賃貸住宅等家賃助成金交付申請書

②民間賃貸住宅等家賃助成金対象世帯該当申出書

③戸籍謄本(若者世帯のみ)

④賃貸借契約書の写し(又は家賃内訳証明書

住宅手当支給証明書(手当等の支給を受けている方のみ)

市税等にかかる同意書

 

克雪住宅建設等助成事業、消融雪装置設置(除雪機含む)助成事業は、こちらをご覧ください。

 → 居住空間無雪化支援事業  

 

各申請書をダウンロードしていただき、記入・押印のうえ、添付書類と共に定住応援課にお持ち下さい。

 

◆ 定住促進事業に関するお問い合わせ/定住応援課 定住推進係
0237-22-1111(内線213) Fax0237-22-3756
e-mail/t_suisin@city.obanazawa.yamagata.jp

閲覧回数6,434回