ニュース特急便 2016年7月 (1)

ニュース特急便 2016年7月 (1)

市内の子ども達が地震体験
揺れた時には「アヒルのポーズ」

 7月1日、玉野保育園の園児たちが起震車に乗って地震の揺れを体験しました。この日は保育参観日ということもあり、親子約50人が参加。園児たちは大きな揺れに驚きながらも、事前に保育士から「地震の時は『アヒルのポーズ』」で机の下に隠れよう」と教わったことから、みんな上手に隠れることができました。参加した保護者からは「予想外の揺れに驚きました。地震を甘く見てはいけないなと感じました」等の声が聞かれました。
 起震車は県内各地を巡回しており、本市では他にも、ひまわり保育園や鶴子小学校等で地震体験が行われました。

 今年4月には熊本県を中心に震度7の地震が発生しました。また、5年前に発生した東日本大震災では、本市でも震度5強を記録しました。災害時に落ち着いて避難ができるよう、訓練に参加しましょう。(消防本部)



 

ニュース特急便 2016年7月 (1)

スイカ太郎、つや姫に恋をする
田んぼの美術館オープン

 福原ふるさと塾が3年前から名木沢コミュニティーセンター近くの水田で行っている「田んぼアート」。6月初旬に植えた苗は順調に成育し、絵柄がくっきりとわかるようになってきました。
7月2日、同センターで『田んぼの美術館』オープニングセレモニーが開催され、塾のメンバーや名木沢地区の皆さんなど約60人が集まりました。絵は、市ふるさと大使で脚本家のあべ美佳さんが作った「スイカ太郎」。初年度からの連作になっていて、今年は、スイカ太郎と都から来た美しい「つや姫」の出会いの場面が描かれています。
 展望台のテープカットを行われた後は、名木沢地区の子ども達による荻越拓魂太鼓、名木沢豊年踊りなどが披露。地元の人たちも加わって、賑やかにオープンを祝いました。
 田んぼアートは旧名木沢小学校の近くにあり、どなたでも自由に見ることができます。水田に、色の違う種類の稲を使って描いた広大な絵。9月下旬の稲刈りまで見ることができます。皆さんぜひご覧になってください。

 

 


 

ニュース特急便 2016年7月 (1)

松尾芭蕉が過ごした尾花沢
芭蕉来訪展 開催中

 「おくのほそ道」紀行で知られる松尾芭蕉が、11日間逗留した尾花沢。到着した日の7月3日(旧暦5月17日)に合わせて芭蕉・清風歴史資料館では、「芭蕉来訪展」を開催しています。
今年の目玉は、芭蕉真筆の手紙。芭蕉が出羽鶴岡の門人である岸本八郎兵衛(公羽)に宛てた手紙は、ここでしか見られない貴重な資料となっています。
 「芭蕉来訪展」は、7月19日まで。期間中は、午前9時から午後4時まで毎日開館しています。この時期にしか公開されることのない真筆。俳聖の心に触れてみてはいかがでしょうか。

 




 

ニュース特急便 2016年7月 (1)

花フェスタin徳良湖
自然の中でいっぱい遊ぼう

 7月3日、徳良湖畔で毎年恒例となった「花フェスタin徳良湖」が開催され、大勢の親子連れなどで賑わいました。
 市内のNPO法人ニューフロンティア尾花沢や、異業種交流会「創研」などが主催したイベントで、花にちなみ、場内では園児らによる「花の絵コンテスト」の展示や表彰、ラベンダーの摘み取り体験が行われました。また、イベントも盛りだくさん。子ども達によるイワナのつかみ取りやコンサート、スーパーカーの展示等が行われました。



ニュース特急便 2016年7月 (1)
 梅雨の雨に見舞われた市内。会場周辺ではラベンダーのほかにも、黄色いヘメロカリスや、アジサイなどが咲きそろっていました。夏にかけて花や緑が深まる、今の徳良湖畔をお楽しみください。




閲覧回数3,230回

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目2番3号
電話:0237-22-1111(代表) ファクス:0237-23-3004(代表FAX番号)