ニュース特急便 2016年7月 (3)

ニュース特急便 2016年7月 (3)

目指せ!全国の頂点
尾花沢小児童 各種大会へ出場
 6月25日に山形市で開催された「第42回 交通安全子供自転車山形県大会」で、尾花沢小学校の自転車クラブが19連覇を果たし、7月25日、選手6人が市役所を訪問。加藤市長に受賞を報告しました(写真上)。 
 同チームは個人の部でも1位から3位までを独占するなどの素晴らしい成績を修めており、8月3日に東京ビッグサイトで行われる「第51回 交通安全子供自転車全国大会」に出場します。
大会は学科テストと実技走行テストの2つで競われます。全国大会へ向けて、夏休みの間も毎日練習を続けるメンバー。チーム一丸となって優勝を狙います。



 同じ日、女子走り高跳びで優秀な成績を修めた、尾花沢小学校6年の髙橋亜珠(たかはし・あみ)さんも市役所を訪問しました(写真下)。

 髙橋さんは、7月18日に天童市で開催された「第32回 山形県小学生陸上競技交流大会」で、1m31cmを跳んで優勝。8月20日に横浜市の日産スタジアムで行われる「第32回 全国小学生陸上競技交流大会」への出場が決定しています。「自己ベストはもっと上」と語った高橋さん。加藤市長は「学校だけでなく、市としても素晴らしいニュースです。体調管理に気をつけて、優勝を目指してください」と激励しました。




 

ニュース特急便 2016年7月 (3)

声高らか
歌声茶論&コンサート

 福原地区公民館を中心に活動している合唱グループ、「童謡唱歌を歌うつつじの会」。7月24日、サルナートで開催された「第10回記念 歌声茶論&コンサート」で、歌声を披露しました。
今回の歌声茶論では交流のある、さがえ「童謡をうたうさくらの会」の方々もステージに立ったほか、合同による合唱も行いました。

ニュース特急便 2016年7月 (3)
 また、コンサートではゲストとして本市出身のソプラノ歌手佐藤寛子さんと、上山市出身の佐藤映さんも出演し、独唱曲やピアノ独奏曲など9曲披露しました。ホールに響く美しいソプラノ独唱とピアノの音色。観客達はクラシック音楽の真髄に触れながら、ほれぼれと聞き入っていました。






ニュース特急便 2016年7月 (3)

明るいやまがた
夏の安全県民運動出発式

 7月19日から8月18日までの1ヶ月間、県内では“明るいやまがた”夏の安全県民運動が実施されています。交通事故やレジャー時の事故防止、青少年の非行防止を目的としたもので、運動初日に野川食肉センター前で、尾花沢市大石田町の関係者約150人による出発式が行われました。
 式では、尾花沢小学校自転車クラブの子どもたちによる交通安全宣言や、交通安全・防犯関係団体による決意表明がありました。また、出発式終了後は、のぼり旗や横断幕を手に道行くドライバーに安全運転や交通事故防止を呼びかけたほか、防犯協会による青色防犯パトロール車が市内を巡回し、運動のスタートを周知しました。

 夏は暑さによる気のゆるみや疲れから、交通事故や行楽中の事故等が多くなります。また、夏休みに入ることから、子ども達を犯罪から守る必要があります。地域で声を掛け合って安全な夏を過ごしましょう。(市民税務課)




 

ニュース特急便 2016年7月 (3)

商店街に みんな集まれ 
にぎわいまつり 

 7月15日、16日の2日間、中央駐車場を会場に「商店街ふれあいまつり」が開催されました。商店街協同組合が毎年開催しているもので、会場内には大きなステージと虹色のアーチが設けられ、保育園児らによる踊りや演奏が披露されました。
また、呼び物のイベントとして、特賞10,000円の商品券などが当たる「得得抽選会」や、気仙沼市本吉町津谷地区の皆さんによる新鮮な海産物販売コーナーも設けられ、訪れた人たちが買い求めていました。
7月の連休の初日となったこの日、家族連れでの来場も多く、ゆきごろう等とのジャンケン大会などが行われたほか、縁日コーナーや早食い競争等の多彩なイベントが多くの人を集めていました。




 

閲覧回数4,205回