ニュース特急便 2016年8月 (3)

ニュース特急便 2016年8月 (3)

尾花沢地区公民館 御所山道元峡沢下り
20人が大冒険
 8月9日、尾花沢地区の小中学生と大人、総勢20人が御所山の道元峡沢下りに挑戦しました。岩場をチェーンをたぐって歩くこと約1時間、「材木岩」という神秘的な場所に到着した参加者は、お昼の休憩後早速水遊びを体験。自然のウォータースライダーを滑ったり、川の深いところに何度も飛び込んだりした参加者は「つめたい!おもしゃい!」と、はしゃいでいました。
 日頃なかなかできない川遊び。夏ならではの最高の思い出を刻んだようです。(尾花沢地区公民館)




 

ニュース特急便 2016年8月 (3)

夏の市政バス事業
宮沢小6年生 新鶴子ダムを見学
 夏休みに入り各地で子ども達の社会見学が盛んに行われるなか、宮沢小学校の6学生の児童10人と保護者の皆さんが、新鶴子ダムと銀山温泉を見学しました。
 新鶴子ダムは農業かんがい用として平成2年に完成して以降、本市と大石田町の田んぼを潤してきました。見学会では村山北部土地改良区の職員が管理所や取水塔を案内。構造や役割などが説明され、参加者はダムが農業だけでなく災害の防止や景観の維持などに役立っていることを学びました。



ニュース特急便 2016年8月 (3)
 その後参加者はダムの堤体内部へ続くトンネルを見学。ダムの堤高は96mあることから、中へと降りる階段は急勾配。子ども達が先頭になり、湿ったトンネルを手すりをつたいながら、ゆっくり降りていきます。中は涼しく、洞窟のようです。



ニュース特急便 2016年8月 (3)

 新鶴子ダムでは農業かんがい用の貯水のほか、山形県企業局による水力発電も行われており、発電所へつながる大きな管も見学しました。参加者は、ダムが日々の暮らしに関わりが深いことを学ぶことができました。



ニュース特急便 2016年8月 (3)

 今回、宮沢小の皆さんが活用したのが「市政バス事業」です。市では公共施設の見学等を随時受け付けています。詳しくは総合政策課 広報係までお問い合わせください。



閲覧回数3,410回

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目2番3号
電話:0237-22-1111(代表) ファクス:0237-23-3004(代表FAX番号)