ニュース特急便 2016年11月 (8)

ニュース特急便 2016年11月 (8)

地域の安全を守るために
消防ポンプ等4台 市内消防団に配備
 消防団が使用する消防ポンプは市内各集落に配備されており、市消防本部は安心安全なまちづくりのため、計画的に更新を図っています。
11月29日、消防本部で軽四輪小型動力ポンプ付積載車と小型動力ポンプの交付式が行われ、各地区の消防団員等約70人が出席しました。
 軽四輪小型動力ポンプ付積載車は消防団の再編成に伴い新たに導入したもので、交付式では加藤市長から丹生地区と六沢地区の消防団部長に対し鍵が渡されました。また、小型動力ポンプは銀山地区と五十沢地区へそれぞれ配備されました。その後、説明会が開催され、消防署員が新しい機材の機能や使用方法を実演しながら詳しく紹介。団員らは1つひとつの手順を確かめていました。

 地域の安全を守る消防団。日頃から訓練を重ね、新しい機材の操作を熟知し、有事の際に活かせるよう努力を積み重ねています。




 

ニュース特急便 2016年11月 (8)

移住者だから気づくこと
移住定住者交流会

 本市に移住された方々が交流を深める「移住定住者交流会」が11月27日、共同福祉施設で行われました。地域支援課が企画したもので、蕎麦打ち体験のほか、実際に移住して改めて発見した魅力や改善点など移住者だからこその視点の意見等が出され、ざっくばらんに暮らしの様子等を語りあいました。
交流会後には懇親会が催され、打ちたての新そばや芋煮、南沢かぶのサラダなど本市の野菜を使った料理に舌鼓をうちながら、参加者同士の交流を深めました。
 本市では、今年度より移住支援コーディネーターを配置しており、移住希望者に対する本市の様々な情報発信や移住者と地域をつなぐパイプ役として「尾花沢暮らし」のサポートを行っています。




ニュース特急便 2016年11月 (8)

ベストアグリ賞 受賞
JAみちのく村山 尾花沢営農センター すいか生産部会

 地域の環境を活かし優れた経営を実践する先駆的な農業者を表彰する県の「平成28年度 ベストアグリ賞」と、同賞の中でも特に優秀な団体に贈られる農林水産省の「東北農政局長賞」に、みちのく村山農業協同組合 尾花沢営農センターのすいか生産部会が選ばれました。
 同部会には現在215 人の会員がおり、将来的に産地を維持・発展させようと、平成 20 年に「尾花沢すいか産地強化計画(パワーアッププラン)」を策定。独自の技術改善による品質の向上、省力化技術導入による規模拡大、後継者育成などに取り組み、本県すいか生産のけん引役となってきました。
表彰式は11月17日山形市で行われ、21日鎌田政光部会長(写真中央)が加藤市長に受賞を報告しました。おめでとうございます。



 

ニュース特急便 2016年11月 (8)

真室川町主催 米・食味分析鑑定コンクール
本市「雪きらり」が優秀賞

 真室川町で開催された「第2回 米・食味分析鑑定コンクール」(会長/井上薫真室川町長)の総合部門で、「尾花沢産米研究会」を代表し、大貫昌光さん(中刈)が生産した「雪きらり」(山形95号)が優秀賞に輝きました。
 コンクールは、同町で来年度、「第19回米・食味分析鑑定コンクール国際大会」が開催されることにちなんで開催されたもので、全県から地域のブランド米が集まりました。本市では平成26年度から尾花沢産の山形95号を、地域ブランド「雪きらり」としてPRしており、大貫さんはその生産者。甘みのあるしっかりとした食味が高く評価されました。
 授賞式は11月3日に行われ、21日、大貫さんが加藤市長に受賞を報告しました。市では今後も更なるブランド化に取り組んでいきます。



 

ニュース特急便 2016年11月 (8)

お仕事がんばってね
心温まるプレゼントいただきました

 11月23日の勤労感謝の日にちなみ、11月22日ひまわり保育園年長組21人が市福祉課を訪れ、手作りのクリスマスリースをプレゼントしました。
手作りリースを受け取った職員は、満面の笑顔。感謝の気持ちとお礼の言葉を園児たちに伝えました。素敵なプレゼントありがとうございます。




 

閲覧回数2,577回