ニュース特急便 2017年3月 (2)

ニュース特急便 2017年3月 (2)

スノーフェスタ2017 in長根山

 3月11日、市総合球場周辺で開催されました。花火を合図に午後3時からスタート。エントリーした参加者は、雪積み競争や雪穴掘り競争、スノーチューブ的当て大会など様々な競技を体験しました。入賞者には賞品が用意され受取ると大喜び。周りの人たちからも盛んな拍手が送られました。
 スピード感あふれるバナナボートやスノーチューブ、ラフティングボートは大人気。何度も乗ってはしゃぐ子ども達の声が会場に響いていました。
 寒さに負けない雪国ならではの遊び。みんなで満喫しました。(尾花沢地区公民館)




 

ニュース特急便 2017年3月 (2)

おくのほそ道最上川そば三街道協議会 研修会
そばに合う だしとお酒

 3月10日、「おくのほそ道最上川そば三街道協議会」の研修会が共同福祉施設で開催され、協議会加盟のそば屋さん約25人が参加しました。研修会は、尾花沢市、村山市、大石田町の2市1町で、持ち回りにより毎年開催されているものです。
 今年は「だしについて」と題し、㈲山﨑商事代表取締役の福島武彦氏らが講演しました。福島氏は鰹節や宗田節、昆布などの種類について紹介し、全国各地の味付けの違いについて説明。参加者は、実際にだし汁を試飲して味わいを体験するとともに、素材の持つ特性について学びました。その後、㈱六歌仙代表取締役の松岡茂和氏が「そばに合う酒」と題した講演を行い、そばの香りが引き立つ味わいの日本酒を紹介しました。
 北村山地域のそばブランド向上のため、協議会では日々研鑽を重ねています。




 

ニュース特急便 2017年3月 (2)

冬を締めくくる ベテランの滑り
花笠高原熟年スキー大会
 18回目となる熟年スキー大会が3月12日に花笠高原スキー場で開催され、31人の選手が出場しました。アルペンスキーを楽しむ55歳以上の方が大回転2本の合計タイムを競うもので、今年は宮城県や福島県などからも参加がありました。
 ゲレンデには赤と青の関門が設置され、選手達は美しいシュプールを描きながら、風のように斜面を滑り降ります。最後の関門を終えてゴールを切った選手に、応援に来ていた家族や来場者からねぎらいの声が掛けられていました。
 また、この日はジュニアスキー大会も合わせて開催され、市内の小中学生が滑走しました。

 スキー場には140センチの積雪があり、まだまだ滑走が可能です。今シーズンのスキーの滑り納めに、ぜひ花笠高原スキー場へおいでください。




 

ニュース特急便 2017年3月 (2)

最新技術でよみがえる 延沢城跡
大きな模型が出来ました

 戦国時代、現在の常盤地区にあった「延沢城」の復元模型が先日完成し、現在、悠美館の展示ホールでご覧いただけます。

 延沢城は別名「霧山城」とも呼ばれ、標高297mの丘陵の上にあった連郭式の山城です。天文19年(1550年)に古城山(おしろやま)に築かれ、元和8年(1622年)、仕えていた最上家のとりつぶしにより領地が没収されるまで、代々野辺沢氏が居城していました。昭和60年に国指定史跡となり、現在も当時の地形が残されています。模型は今年度に市が製作したもので、ヘリコプターで測量した精密なデータをもとに製作されています。大きさは縦90センチ、横100センチ、縮尺は1250分の1。現在、木々が生い茂っている城跡の地表が再現されており、地形やつづら折りの山道が分かりやすく表現されています。


ニュース特急便 2017年3月 (2)

 模型は当面、悠美館展示ホールに展示いたしますが、今後の予定は随時市報等でお知らせいたします。また、来年度には、本丸周辺の復元ジオラマが新たに製作される予定です。



閲覧回数1,207回

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
〒999-4292 山形県尾花沢市若葉町一丁目1番3号
電話:0237-22-1111(代表) ファクス:0237-23-3004(代表FAX番号)