ニュース特急便 2017年3月 (4)

ニュース特急便 2017年3月 (4)

雪を踏み 林を抜けて 頂へ
第22回 山刀伐峠かんじきツアー開催

 3月19日に22回目となるかんじきツアーが山刀伐(なたぎり)峠にて行われました。
松尾芭蕉の「奥の細道」に最大の難所として登場する山刀伐峠を、市内外からの参加者や市野々集落実行委員会のスタッフなど30名で歩き、芭蕉がどのような道を越え尾花沢まで来たのかを体験しました。当日は、晴天に恵まれ絶好の登山日和。

ニュース特急便 2017年3月 (4)
 山道では市野々区長の山口忠博さんがガイドを務め、峠の歴史や自然を学びながら頂上を目指しました。ブナやナラの自然林に覆われた山道は、鳥の鳴き声も聞こえずしんとしており、耳に届くのは私たちの足音だけで、その静謐(せいひつ)さが心地良かったです。山頂ではブナとナラの林の境目を見ることができ、とても興味深かったです。
ニュース特急便 2017年3月 (4)

 今回、実行委員会の方々と共に準備段階からかんじきツアーに関わらさせていただいたのですが、私がやってみたいと思うアイディアもしっかりと聞いてくれて大変嬉しかったです。実際に芭蕉が峠越えをした夏にも山刀伐峠ツアーが開催されますので、そちらにもぜひ一から関わっていきたいです。そして、夏や秋の山刀伐峠も経験することで山刀伐峠の魅力をもっと知り、それをより多くの人にお伝えしたいです。
地域おこし協力隊 林 慶一

閲覧回数1,162回